menu & search

CHARLES MINGUS The Black Saint And The Sinner Lady

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

これは興奮無しでは聴けないでしょう!ジャズジャイアントCHARLES MINGUSが11人編成のバンドで録音し、63年に〈IMPULSE!〉から発表した作品「黒い聖者と罪ある女」。作曲・オーケストレーションが特に素晴らしい、ジャズ史上に残る名盤の一枚!

CHARLIE PARKER、DIZZY GILLESPIEのサイドマンとして知られていき、作曲家/バンドリーダーとしての才能を次々と発揮させていったベーシスト/ピアニストであるCHARLES MINGUS。この作品ではベース、ドラム、ピアノ、ギターに4人の金管楽器(トロンボーン・トランペット・チューバ)、そしてリード楽器3人という大編成バンドでの録音であり、ジャズに則ったプレイというよりは曲の素晴らしさが全面に出ているようなもの。CHARLES MINGUSはゴズペルやデュークエリントンから影響を受けていて、それが関係していると思える甘く溶けるような管楽器のコードでの構成や、スパイス的に入れられる不協和音のセンスが素晴らしすぎます。A面は3曲に分かれていますが、B面は長尺1曲(曲名表記は3つのパートに分かれています)。〈SUPERIOR VIADUCT〉のジャズ方面のリイシューにもリスペクト!!! (日野)

▼ Tracklisting

A1 Solo Dancer (Stop! And Listen, Sinner Jim Whitney!)
A2 Duet Solo Dancers (Heart's Beat And Shades In Physical Embraces)
A3 Group Dancers ([Soul Fusion] Freewoman And Oh This Freedom's Slave Cries)
B1 Trio And Group Dancers (Stop! Look! And Sing Songs Of Revolutions!)
B2 Single Solos And Group Dance (Saint And Sinner Join In Merriment On Battle Front)
B3 The Group And Solo Dance (Of Love, Pain, And Passioned Revolt Farewell, My Beloved, 'til It's Freedom Day)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×