menu & search

LUC FERRARI Atelier de Libération de la Musique

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

代表作「ほとんど何もない-Presque Rien」やフランスGRM創設に関わるなどした歴史的巨匠LUC FERRARIの75年に録音された記録が〈ALGA MARGHEN〉からリリースされました。LUC FERRARIは電子オルガンの演奏をしていて、皆で奏でられているのは電子音のシーケンスやパーカッションに乗りながらも自由さを感じるフリーミュージック。〈ALGA MARGHEN〉がこの作品をLAFMS関連作と同時期にリリースした事に意思を感じるような作品です。

1975年の2月から3月にかけて録音されたセッションのリリースとなりますが、その録音された内容やメンバーが面白い。LUC FERRARIは電子オルガン、そしてNURSE WITH WOUND listに表記されているというMARTIN DAVORIN JAGODIC(電子ピアノ)とPHILIPPE BESOMBES(シンセ)の2人(特にMARTINは〈CRAMPS RECORDS〉の伝説的シリーズ〈NOVA MUSICHA〉から素晴らしい作品を残しています!)、そしてサックスにALAIN PETITという4人での編成での録音となります。良い意味でそれぞれのバックグラウンドに囚われないような自由さを感じるもので、尚且つ音楽的にも面白い作品。辺境の音楽のようでもあり、ミニマル作曲家の作品にも聞こえたり…この1枚は形容しがたいもので、とにかく買って聴くべしです! (日野)

▼ Tracklisting

A1. Feb 14th, 1975 (3:32) sample
A2. Feb 17th, 1975 (8:59) sample
A3. March 31st, 1975 (2:57) sample
A4. A4 (1:37)
B1. Feb 2nd, 1975 (10:48) sample
B2. Feb 2nd, 1975 (13:44) sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×