menu & search
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

'17年10月に京都のライブハウス「外」で行われたツジコノリコのライブに竹村延和がゲスト出演したことをきっかけに、新たに制作されたファン待望のコラボレーション音源。フィジカル・リリースは7インチのみとなっています!!!

二人の禅問答にようにも聞こえる、アンビエント静かにカンタベリーに浮遊するエレクトロニック・エレクトロニカ・フリー・インプロヴァイズド・セッション。少しずつ時空が歪んでくる。ステッカー付き。

'12年に発表されたツジコノリコ+竹村延和名義の共作アルバム『EAST FACING BALCONY』以来となる二人の邂逅が叶った本作は、TNTNという新たなユニット名義でのリリース。
 A面"7 heavens"は、脳に深く浸透しイメージを喚起する静謐なコンテンポラリー・ミュージック。穏やかなノイズが刻むクラップと断片的に現れるツジコノリコの歌声が、瞑想的な癒しへと誘います。B面"Your face"は、心地よく柔らかな日本語詞から溢れるぬくもりが、童謡のような懐かしさを感じさせる牧歌的エレクトロニカポップ。ツジコノリコ、竹村延和いずれのソロ作品とも異なっていた『EAST FACING BALCONY』の世界が甦ります。
 ジャケットは『EAST FACING BALCONY』のアートワークも担当し、"Discoteca"のヒットで知られるエレクトロ・ポップ・ユニットExchpoptrueのメンバーとしても活動するフランスのアーティスト、Chloe Fabre。ジャケット・デザインの可愛らしいパンダのステッカーが封入されています。 ▼ Tracklisting

A. 7 heavens sample
B. Your Face sample

■プロフィール:

ツジコノリコ
フランス在住の音楽家、映画監督。現在まで17枚のアルバムをEditions Mego, Tomlab, Fat Cat and Room40等からリリース。2003年、アルバム『ハードにさせて』はPrix Ars Electronicaで特別賞を受賞。『Sonar Festival』等の音楽祭にも出演する。映画、アニメーション、ダンス、インスタレーション作品への音楽提供や音楽家ピーター・レーバーグ、竹村延和、ローレンス・イングリッシュとのコラボレーションも評価を得る。2005年より映画監督として作品制作を開始、『砂、そしてミニハワイ』(2005年)『SUN』(2008年)はパリのカルティエ財団美術館をはじめ国際的に上映が行われている。3作目となる監督作品(ジョージ・コヤマとの共作)『Kuro』はフランスはもとよりアメリカや日本の映画祭等で公開。そのサウンドトラックが2019年4月にベルリンのレーベルPANによる新企画ENTOPIAからリリースされたばかり。

竹村延和
アーティスト/作曲家。90年代より国内外で活動する。近年の活動は、日本でのジョン・ケージ生誕100年プロジェクトへの参加や、NYでのスティーブ・ライヒとの対談、メキシコ大学での「それぞれの時間で」(2011)、ベルリンでの舞台「内面化された異物」(2013)の制作など。音楽作品としては2012年にツジコノリコとのコラボレーション、2014年にはソロ作品『Zeitraum』を発表。これまで一貫して、子どもの感性をテーマに概念と情動の相克、意味生成と変容・分岐を音・言葉・平面・映像を交え探求している。2008年からドイツと京都を往来し現在は京都在住。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×