menu & search

FSOM / ANDY RANTZEN Track Six / Harmonic Eye

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

世界各地で繰り広げられるハード・トゥ・ファインドなレア音源の発掘の中でも、オーストラリア産の陽の目をみなかったカルトサイドのトレジャーに焦点をあてる、NOISE IN MY HEAD主宰の<EFFICIENT SPACE>の第15弾リリース!

ロンドンの本家・FSOLとほぼ時期を同じくして、メルボルンで結成されたレイヴ〜エレクトロニック・トリオ「FUTURE SOUND OF MELBOURNE」による'92年の自主リリース”Wear 'n' Tear EP”のラストトラック、翌年にはベルジャンニュービートのパイオニア・FRANK DE WULFの<TWO THUMBS>からもライセンス12インチカットされた”Shivaratri”とのカップリングにもなった、プログレッシヴかつトライバルな303キラートラック”Track 6"(sample1)をチョイス!さらに、<AIR RECORDING>から'99年にCD盤のみでリリースされていたANDY RANTZENのワンショット名義・THE BLUE HOURによる同盟アルバムからの、ユーモアのある浮遊メロディの数列音階がナントも心地良い”Harmonic Eye”(sample2)をカップリングしてのリマスター再発! (DNT)

▼ Tracklisting

A. FSOM  -  Track Six
B. Andy Rantzen  -  Harmonic Eye

A renegade rave at the state lines with dual headliners FSOM and Andy Rantzen.

Architects of the Future Sound of Melbourne, FSOM reigned as their city’s scene evolved from underground clubs to vast waterfront wonderlands, alternating between playing studio tracks off cassette and jamming live. The combination of Josh Abrahams, Davide Carbone and Steve Robbins, the trio slipped a DAT to Belgian touring artist Frank De Wulf who signed them for their first international release on Two Thumbs. Track 6’s sinister bassline and mind obliterating stabs continued to travel as a staple of Sven Väth and John Wink’s record bags. 1993 to eternity.



Andy Rantzen’s Harmonic Eye speaks a similar vocabulary. Running parallel to FSOM in Sydney, Rantzen united the masses with Paul Mac as Itch-E + Scratch-E, producing crystalline rave, cheeky breakbeat and techno resistance. Lifted off his downtempo 1999 solo CD The Blue Hour, Harmonic Eye is a certified warehouse burner of alarming alien bleep and widescreen trance. Once you were blind, now you can see.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×