menu 検索する ×閉じる

MK Classics Volume 7 - The MK EP

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

<HENRY STREET MUSIC>を中心にさまざまな名義を使い分け活動してきたプロデューサー・SCOTTI DEEPの実の兄弟であり、'89年から'90年初頭にかけて<KMS>や<RETROACTIVE>といったデトロイトの老舗レーベルから作品をリリースしてきたUSハウスの重鎮・MK a.k.a. MARK KINCHENによるクラシックスが、<4 TO THE FLOOR>からリマスター再発。

自身がメインの拠点にしていたレーベル<AREA 10>の初期カタログ、'91年リリースのオールドスクール・ヒットで当時のNYシーンのアンダーグラウンドな空気も感じさせるような名曲”MK* Burning (Vibe Mix)”(sample1)、こちらにもフィーチャリングされている女性シンガー・ALANAとのアルバム「SURRENDER」からの先行シングルとしてリリースされ、UKチャートも賑わせた”Always (MK Club Mix)”(sample2)、そして翌93年にリリースされたスウィンギンでキャッチーな明るさがイイ感じの”Love Changes (MK Mix)”('sample3)の3トラック収録。 (DNT)

▼ Tracklisting

A.Burning (Vibe Mix)
B1.Always feat. Alana (MK Club Mix)
B2.Love Changes feat. Alana (MK Mix)

4 To The Floor continues to champion heritage tracks with Volume 7 of the Classics 12” series, ‘The MK EP’. As one of the most in demand producers of the halcyon period of house in the early 90s, this special delivery features three gems from MK’s early career. Opening the A-Side with vocal house masterpiece ‘Burning’, on the flip are two of MK’s most loved collaborations with Alana, first the deep and piano-lined ‘Always’ (Club Mix), before the soulful club anthem ‘Love Changes’. This release highlights the timeless quality of MK’s catalogue, with three cuts that truly stand the test of time.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×