menu 検索する ×閉じる

JON HASSELL / FARAFINA FLASH OF THE SPIRIT

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

アフリカ、民族音楽と、アンビエント・ニューエイジ、現代音楽が交錯したジョン・ハッセルと、ブルキナファソ共和国のグループ、ファラフィーナとの名作。 Brian EnoとU2で成功したDaniel Lanois もプロデュースに名を連ねる88年の第4世界のマスターワーク「FLASH OF THE SPIRIT」。

JON HASSELLの〈LOVELY MUSIC〉からの78年の1ST アルバム「Vernal Equinox」に続いて、こちらの80年代末の「FLASH OF THE SPIRIT」もリイシュー。現代音楽の流れに多くな影響を与えたキーワード、非西洋の民族音楽。リズムや音階、スピリチュアル、儀式的な音楽の要素、ミニマルや電子音楽、ドローンなどの要素。ニューエイジ/アンビエントの雛形的、現行のさまざまなアーチストにも影響を色濃く残しています。リマスター2LPでのプレスという贅沢、同音源のCDもついた仕様となってついにアナログ再発! (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Flash Of The Spirit (Laughter)
A2.Night Moves (Fear)
A3.Air Afrique (Wind)
B1.Out Pours (Kongo) Blue (Prayer)
B2.Kaboo (Play)
B3.(Like) Warriors Everywhere (Courage)
C1.Dreamworld (Dance)
C2.Tales Of The Near Future (Clairvoyance)
C3.A Vampire Dances (Symmetry)
D1.Masque (Strength)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×