menu 検索する ×閉じる
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

BOILERROOMでのパフォーマンスでも話題を呼んだヴィジュアルアーティスト・ZOE MCPHERSONと、CVXの名義でも知られる音楽家/サウンドエンジニア・RUPERT CLERVAUXによるコラボレーションアルバムをストック!視聴覚のみならず文学的見地に基づく制作方法がリンクした2人。ジャズ〜テクノまでを約15分に及ぶ1つの長尺トラックの中で探求した前衛電子音楽。

これまでにもDON'T DJ、 OCEANIC、LEGOWELTらが参加しているオランダのDIYレーベル〈BAKK〉の”PLAFOND”シリーズ第5弾!電子音とジャズドラムが混在する導入から、インダストリアルテクノ、最終的には電子ドローンへと漂着する長編トラック「Cercle Vicieux」(試聴はsample1と2に分けています。)と、ZOE MCPHERSONの妖気を帯びたヴォーカルハミング降りかかるブロークンビート/エクスペリメンタルテクノ「Cercle Vertueux」(sample3)の2トラックが収録。両者ともに前衛的な実験主義がクラブのミューテーションとして発現していて興味深い。。 (Akie)

Radically shapeshifting and surrealist, as spinning sonic prisms taunting the ears, 'Cercle Vicieux' and 'Cercle Vertueux' channel Fluxus artistry, straying past jazz-licked drones, avalanching low end and blood red scatting. Scenes both condescending and anxious -- this release is carried by its interwoven conflicts, where strange attractors reveal knots at each listen. The fifth Plafond is a special joint project tying the synchronicity of two contemporary minds. Both Zoe Mc Pherson and Rupert Clervaux are known to actively transgress art forms, reconstituting production methods through respective audiovisual and literary pursuits. The listener is relocated in their musical interzone, bordered by avant-garde experimentalism on one side, and bass-heavy club mutations on the other. This ambiguation lays out a gateway, one through which modern producers can re-adopt the revolutionary energy of those who unraveled conventions on music and sound in the first place -- a 'Cercle Vertueux', indeed. Comes in a hand printed sleeve with multiple tints grey and silver, including an Obi-strip, by the BAKK Interzone Alcazar.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×