menu 検索する ×閉じる

ADAYE Turn it up

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

シンセのカッコ良さに気づくと、全てがカッコ良く思ってしまう。驚きのファンク・サウンド In アフリカです。

ハウスが国を代表する音楽になった世界有数のダンス・カルチャーを持つ国南アフリカ共和国の80年代の12インチの復刻が続きます。その掘り起こしの中心的存在でもあるヨハネスブルグのDJ OKAPI主宰のAFROSYNTH。ニューリリース。83年にリリースされたEP「Turn It Up」。JBを彷彿させるストロングなヴォーカル、グルーヴィなベース、ファンキーな演奏、ダブ、そしてマジカルなシンセサイザーワークが驚きです。B-SIDEはインストゥールメンタル・ディスコミックス。SMILING Cからコンピも編まれたKumasi 関連作です。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A.Turn It Up (7:40)sample
B.Turn It Up (Instrumental Disco Mix) (7:40)sample

South African disco 12” originally released in 1983, the start of the country’s ‘bubblegum’ era. Adaye was a once-off studio project featuring members of Stimela, the SA supergroup formerly known as The Cannibals and at the time also recording under aliases like the Street Kids and Kumasi. As Adaye they roped in singer Al Etto and went into the studio with Heads Music boss Emil Zoghby, who shares songwriting credits with Ray Phiri on the only track they released: ‘Turn It Up’ - an eight-minute slice of guitar funk throbbing to a disco beat. Remastered from the original tapes and reissued on DJ Okapi’s Afrosynth Records.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×