menu 検索する ×閉じる

SJ TEQUILLA + AATY Presents SJ Teknobuskers

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

KLASSE WRECKSやFETT BURGER達とも活動、ベルリンで自主レーベル〈SHOT OF T〉も運営しながらリリースをしているSJ TEQUILLAと、大阪DUVALI等で活動し現在ベルリンで新展開中の盟友AATYのセッションがKLASSE WRECKSから12インチ・リリースされました!

「Teknobusker」のカセット2種のリリースに続きてKLASSE WRECKSから、アナログリリース!TEKNO+BUSKERS(大道芸人)の名前どうり、クロイツベルクのオストクロイツ駅のとなりにある暗いトンネルでのセッションを繰り広げてきた。ハードウェア・セッション。606、303、様々なダブエコーをベースに漆黒のサウンドだけど、彼ららしいユーモアのセンスが潜む。バックグランドのざわめきと共にRAWなサウンドの魅力が光ります。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Club Matrixxsample
A2.Club No Limitsample
B1.Where Was Disco Madonnasample
B2.I Know Club Anal Impaktsample

For the last 3 years SJ Tequilla (Naota Matsuda) and Aaty Matoba have been a regular but hidden fixture in Berlin's underground music scene. You may have caught them at their regular spot in a dark tunnel next to the sprawling Ostkreuz station in Kreuzberg, lucky to sneak a quick listen before the cops came in and shut things down yet again. Armed only with an electrical generator, a 606, 303 and various dub echo delay units the pair have slowly been refining their Teknobusker project into quite a special thing. Proving that creativity blooms best when using a limited set of tools, the SJ Teknobuskers music is gritty and dark but also retains an important sense of humour. WRECKS029 was recorded between the years 2018-2019 and does a deft job in capturing a flavour of the rhythms, tones and squelches that echoed down the tunnels during Berlin's endless summers (copies bought via our website or bandcamp include a digital download).

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×