menu 検索する ×閉じる

LUCY RAILTON Louange à L’Éternité de Jésus

  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

MEGOの話題の新シリーズ〈PORTRAITS GRM〉に抜擢されたり、BEATRICE DILLONともコラボを行う今最も注目のチェリストLUCY RAILTONの限定10"!鳥類学者としても知られる現代作曲家OLIVIER MESSIAENの楽曲をアレンジし、チェロとオルガンで演奏を行ったものとなります。

鳥の鳴き声から作曲を行った「鳥のカタログ」が有名で、シュトックハウゼンやクセナキス、ピエールブーレーズなどに教鞭をとるなどした現代音楽の歴史上でも最も重要な作曲家の一人であるOLIVIER MESSIAEN。そのOLIVIERが41年に作曲し、ナチス収容所内で初演を行った「時の終わりのための四重奏曲」の中のチェロとピアノのための楽曲をチェロ&オルガンにアレンジし2010年に演奏したものがこちら。静かに不安と恐怖を感じさせながら、ところどころで優しく希望を見いだせるような素晴らしい楽曲です。ライブレコーディングで偶然だとは思いますが、アンビエンスに子供の泣き声が入っていたり曲の持つ儚さと美しさが生々しく迫ってくる演奏。片面1曲のみの限定盤。 (日野)

▼ Tracklisting

A.Louange à L’Éternité de Jésus (8:32) 

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×