menu 検索する ×閉じる
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

白ロシア、ベラルーシ共和国首都ミンスクのポストパンク・バンドМОЛЧАТ ДОМАの2NDアルバムをSACRED BONESがアナログリイシュー!謎の世界。ジャケットもかっこ良すぎる。

ルカシェンコ大統領の独裁による抑圧で知られるベラルーシ共和国、その首都ミンスクのバンドМОЛЧАТ ДОМА(MOLCHAT DOMA)。本国ではアンダーグラウンドな活動ながら、YOUTUBEやBANDCAMPを通じて世界的にバイラル・ヒットした彼らの2NDアルバム。DEPECHE MODE、初期のSMITHSやJOY DIVISION、あの時代の匂いを彷彿されつつも独特のサウンド。語感。コールドで、無機質的な感覚と秘めたエモーション。ジャケもかっこいい。ストックしました。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Na Dne (4:07)sample
A2.Tancevat (3:23)sample
A3.Filmy (4:17)sample
A4.Volny (4:11)sample
B1.Toska (3:07)sample
B2.Prognoz (3:05)sample
B3.Sudno (Boris Ryzhy) (2:21)sample
B4.Kommersanty (3:47)sample
B5.Kletka (4:42)sample

The second LP by Belarussian trio Molchat Doma, Этажи (pronounced Etazhi, meaning “Floors”), was first released in 2018 on Berlin-based Detriti Records. It became a viral hit, garnering over one million views on YouTube and becoming a legitimate phenomenon on Bandcamp. The band may fly under the radar in their native Belarus, but they’ve reached huge audiences across Europe and beyond. Six separate vinyl pressings of the album have sold out in quick succession, and Sacred Bones Records is now thrilled to bring the record back in print for good. Molchat Doma (translated as “Houses Are Silent”), founded in 2017 in Minsk, Belarus, stands at the intersection of post-punk, new-wave and synth-pop. Dark yet danceable, and with a heavy dose of goth ethos, their music is reminiscent of the masters that predate them, but make no mistake: Molchat Doma creates a sound and meaning that is immediately recognizable as all their own. The band is comprised of Egor Shkutko, who sings the Russian lyrics in his deep monotone, Roman Komogortsev on guitar, synths, and drum machine, and Pavel Kozlov on bass and synths.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×