menu 検索する ×閉じる

RISQUÉ III Essence Of A Dream

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

シカゴハウス、マスターピース。ディスコ、ポストパンク、ニューウェイヴ、80s、ゲイカルチャーをベースにシンセサイザー・ミュージックのスペシャリストDARK ENTRIESから、シカゴハウスのカルトヒーローK ALEXI SHELBYの1STシングルといわれるRISQUE III「Essence Of A Dream」をリマスター再発!

12歳のころからWAREHOUSEに出入りし、Frankie KnucklesやRon Hardyと親交を深めていたというシカゴハウスのパイオニアの一人、未だ各方面から支持され続けるシカゴハウスのヒーローK ALEXI SHELBYのRISQUÉ III名義での87年の1STシングル。ハウス・ミュージックのRAWでセクシャルで、ドープ。不良な魅力溢れるマスターピース。加工されたヴォイスではじまるB-SIDEはRON HARDYへのトリビュート。テープ・エディットされMUSIC BOXでプレイされていたKikrokos「Life is a Jungle」のループをべースに、ロン・ハーディーのプレイ、シカゴ・シーンのエッセンスが凝縮された魅力。サングラスの写り込みまでキマリすぎてる魅惑のアートワーク、リリックを載せたポスカード、K ALEXI自身によるライナーノーツ、レーベルのこだわりに溢れています。紹介文が興味深いので商品ページにまるごと、翻訳とともに掲載してます。是非チェックしてみてください。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A.Essence Of A Dreamsample
B.Risqué Madnesssample

RISQUÉ III - Essence Of A Dream : 12inch gallery 0
RISQUÉ III - Essence Of A Dream : 12inch gallery 1
RISQUÉ III - Essence Of A Dream : 12inch gallery 2
RISQUÉ III - Essence Of A Dream : 12inch gallery 3
RISQUÉ III - Essence Of A Dream : 12inch gallery 4
RISQUÉ III - Essence Of A Dream : 12inch gallery 5
Dark Entriesでは、Risqué IIIによるシカゴ・ハウス・アンセム「Essence of a Dream」が再び登場します。K'Alexi Shelbyの輝かしいキャリアは、Trax、DJ International、Transmatなどの伝説的なレーベルからのリリースや、Marshall Jefferson、Pet Shop Boysなどの著名なアーティストとのコラボレーションなど多岐にわたります。しかし、彼の音楽の旅は12歳という若さで始まりました。ミュージックボックスやウェアハウスに出入りしていたロン・ハーディやフランキー・ナックルズと仲良くなったのです。高校生になってからは、曲を作り始め、詩的な表現にも磨きをかけていきました。"自分には考えていることを表現する才能があると気づいたのです。プリンスやマーヴィン・ゲイを研究して、彼らが何を言いたいのかを理解し、それを自分なりにアレンジしていました。言葉の力ですね。私は高校時代、男の子たちにラブレターを書いて大儲けしていました。何を言えばいいのか、何をすればいいのか、私にはわかるのです」。
1987年、シェルビーの初のソロ作品であるRisqué IIIの「Essence of a Dream」b/w「Risqué Madness」は、シカゴのダンス史に刻まれることになりました。スタジオには、彼のいとこであり、プロダクションの師匠でもあるMr.Leeが同行していました。この曲では、ローランドのTR-727、TR-707、TR-909を使ったハウス・リズム、サルサ風のベースライン、そしてストリングスが、K'Alexiのプリンス風のセクシーな詩と見事に融合しています。スタジオのスケジュールがタイトだったため、K'Alexiのボーカルはほぼ省略されました。シェルビーは次のように語っています。「セッションが終わろうとしていたとき、私はボーカルを入れたいと言いました。彼らは、『ワン・テイクでボーカルを決めてくれないと時間がない』と言ったんだ。私は『やってみよう』と言ってボーカルブースに入ったのですが、彼らは口を開けて立っていました。彼らは口を開けて立ち尽くしていたよ。その表情はとても貴重だった」。B面の「Risqué Madness」は、ミュージックボックスのDJであり、K'Alexiが影響を受けた人物の一人であるRon Hardyへのトリビュート曲です。トラックはシェルビーの加工された声で始まり、「あなたに逃避について話したいと思います。リズムが人生であり、人生が終わりのない音であるような場所へ、あなたを連れて行きましょう」。この導入部は、毎週ミュージックボックスでディスコを踊っていた彼の気持ちをよく表している。ハーディは、キクロコスの「ライフ・イズ・ア・ジャングル」のエディットをプレイしていたことで知られており、このトラックのリゼルグ・ブレークダウンをループさせていた。Shelbyは同じループを使いながら、さらにパーカッション、メロディー、Hardyお気に入りのFirst Choiceの「Let No Man Put Asunder」のサンプル、そして初期のシカゴハウスのDJセットやレコーディングでよく使われたThe Madamの「The Sensuous Black Woman」から取った操作されたヴォーカルを加えています。このレコードの両面には、シカゴ・ハウス・ミュージックの精神が完璧に反映されています。
Essence of a Dream」は、Fantasy StudiosのGeorge Hornによってリマスターされています。スリーブはEloise Leighがデザインしたもので、10代のシェルビーが高校で撮影した未公開の写真に、80年代のハウスミュージックのカバーを思わせる太いフォントが使われています。また、歌詞入りのポストカード、カバーアートワークと同じセッションで撮影された追加写真、シェルビーによるライナーノーツも収録されています。

www.DeepL.com/Translator

Dark Entries is again presenting an essential classic: the Chicago house anthem Essence of a Dream, by Risqué III. K’Alexi Shelby’s illustrious career has included releases on legendary labels such as Trax, DJ International, and Transmat, as well as collaborations with high profile artists such as Marshall Jefferson and Pet Shop Boys. But his musical journey began at the young age of 12, when he befriended Ron Hardy and Frankie Knuckles while frequenting the Music Box and Warehouse. In high school, he began to write songs and hone his poetic craft. “I recognized I had a gift to say what I was thinking. I would study Prince and Marvin Gaye, figure out what they meant and put my spin on it. The power of the word. I was writing love notes for all my boys in high school and making a killing. I would know what to say and what they should do.”
In 1987, Shelby’s first solo release, Risqué III’s “Essence of a Dream” b/w “Risqué Madness,” was to be cemented in Chicago dance history. He was accompanied in the studio by his cousin and production mentor, Mr. Lee. The track’s effortlessly propulsive house rhythms (courtesy of the Roland TR-727, TR-707, and TR-909), salsa-inflected bassline, and oneiric strings fuse magnificently with K’Alexi’s steamy, Prince-esque verse. Due to tight studio schedule times, his vocals were almost omitted. Says Shelby: “The session was coming to an end and I said I wanted to put the vocals on there. They said, ‘We got no time unless you can get your vocals right in one take’. I said, ‘Let it rip’ and went into the vocal booth...they just stood there with their mouths open. The look on their faces was priceless.” The B-side’s “Risqué Madness” is a tribute to Ron Hardy, DJ at the Music Box and one of K’Alexi’s formative influences. The track opens with Shelby’s processed voice announcing "I'd like to talk to you about escape. Let me take you away, away to a place where rhythm is life, and life is a never ending sound." This introduction captures how he felt dancing to disco every week at the Music Box. Hardy was known for playing an edit of Kikrokos’ “Life is a Jungle,” in which he looped the track’s lysergic breakdown. Shelby utilizes the same delirious loop but builds upon it with additional percussion, melodies, samples from Hardy favorite “Let No Man Put Asunder” by First Choice, and manipulated vocals taken from The Madam’s “The Sensuous Black Woman”, a recording used often in early Chicago house DJ sets and recordings. Both sides of this record perfectly reflect the spirit of Chicago house music.
'Essence of a Dream' has been remastered by George Horn at Fantasy Studios. The sleeve was designed by Eloise Leigh, and features a never-before-seen photo of a teenage Shelby taken at his high school, with a bold font evoking 80’s house music covers. Also included is a postcard with lyrics, an additional photo from the same session as the cover artwork, and liner notes from Shelby.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×