menu 検索する ×閉じる

LARAAJI Flow Goes The Universe

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

LARAAJI(ララージ)の最高傑作とも評される1992年にCDのみでリリースされた「Flow Goes The Universe」が初となるヴァイナル・リイシュー!!!2LP全8トラックDLコード付き。

本作は、東京、大阪、ニューヨーク、イギリスなどで行われたスタジオセッションやライブコンサートで録音され、ブライアン・イーノ、ロバート・フリップ、デヴィッド・シルヴィアンなどとのコラボレーションでも知られるギタリスト、マイケル・ブルックによって編集されている。ララージの最高傑作とも評される深淵なアンビエントが堪能できる本作のリイシューに際して、アナログカッティングはPOLEことステファン・ベトケが担当、最高の音質を求めて2枚組LPの仕様となった。また、LPはデヴィッド・コッペンホールがオリジナル・デザインをもとに再デザインした見開きゲートフォールド・スリーブに収められている。ライナーノートには、アンドリュー・パークスによるララージへの貴重なインタビューが掲載されている。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

01.Being Here (25:12)sample
02.Immersion (2:31)sample
03.A Cave In England (12:23)sample
04.Zither Dance (7:58)sample
05.In Continuum (4:28)
06.Deep Celestial (5:59)
07.Space Choir (5:06)sample
08.Mbira Dance (3:30)sample

1943年生まれ、ニューヨークを拠点に現在も活動を続けるニューエイジ / アンビエントの生ける伝説、ララージ。
ワシントン・スクエア・パークで演奏する彼を見たブライアン・イーノの誘いを受け、1980年にリリースされたイーノによるアンビエントシリーズ第3弾『Ambient 3: Day of Radiance』に参加し脚光を浴びることとなった。
その後はジョン・ケイル(ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)、ハロルド・バッド、ビル・ラズウェル、ファラオ・サンダース、細野晴臣、オーディオ・アクティブら様々なアーティストとのコラボレーションワークを行ったことでも知られる彼が、1992年にCDのみでリリースした代表作『Flow Goes The Universe』を初となるヴァイナル・リイシュー!

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×