menu 検索する ×閉じる

STEVE SUMMERS Generation Loss

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

RAWなハードウェアサウンドをベースに、さまざまな名義を使い分け、〈L.I.E.S.〉、〈FUTURE TIMES〉はじめ多岐にわたるリリースで知られるSTEVE SUMMERSのアルバム。

シカゴをベースにUSアンダーグラウンドシーンで暗躍してきたJason Letkiewiczのおそらく最もリリースの多いメインのプロジェクトSTEVE SUMMERS名義でのフル・アルバム。シカゴハウス、アシッド、インダストリアル、80sのDIYな実験音楽、カセットシーン、スケートカルチャーなどのサウンドとスピリッツを受け継ぐ12 tracks。RAWな美学。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Who Knows (5:44)sample
A2.90 S (3:14)sample
A3.Computer Non Grata (5:33)sample
B1.Skin Of Your Teeth (4:33)sample
B2.A Creep Called Quinten (4:48)sample
B3.Bad Latch (3:57)sample
C1.Boxed In (4:20)sample
C2.Loose Connections (7:16)sample
C3.Of Unknown Origin (7:32)sample
D1.The Types (4:28)sample
D2.Generation Loss (4:42)sample
D3.Unclubbable (4:44)sample

Steve Summers delivers his long anticipated debut double lp for L.I.E.S. Stepping up with 13 tracks, Summers goes across the board exploring all ends of the long lineage of Chicago House music. As a member of Mutant Beat Dance with Traxx and Beau Wanzer or under his Rhythm Based Lovers alias Summers has always managed to tread the line between classic Chicago styles and modern psychedelic Jakbeat floor beaters. On the aptly titled "Generation Loss" we get the the full spectrum; from the old school 80s acid of "Who Knows" to the long form lysergic blackhole of "Boxed In" or the dx funk of "Unknown Origin" Summers cements his signature style which he has refined over years throughout this LP.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×