menu 検索する ×閉じる

MIROQUE Botanical Sunset

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

2001年に日本の360°recordからCDリリースされた、電子音楽家、作曲家、ピアニストMiroqueによる名盤『Botanical Sunset』が、トロント拠点のアートパブリッシャーSlow Editionsより、20年ぶりにジャケットを一新してカセットで再発!

細野や清水靖晃、吉村弘、日本の環境音楽の再評価に続いて、90年代〜00年代にかけての日本のDIYな電子音楽の再評価が進んでいますが、cacha*mai主宰、のちに『ストロベリーショートケイクス』のサウンドトラックなども手掛けHeadz, Twinkleからもリリースする女性音楽家MIROQUEの1STがカセット再発されました!NOT NOT FUNからのリリースで知られるMasahiro Takahashi監修、トロント拠点のSLOW EDITIONSからのカセットリリース。柔らかいエレクトロニック、DIYな感触の魅力。日本産エレクトロニカの名作。是非! (サイトウ)

▼ Tracklisting

1.Harushion Sky Ocean (4:47)sample
2.The Morning Calm (7:38)sample
3.Kaimen Orgoal (3:40)sample
4.Sky Drop Of Water (4:08)sample
5.Magical Jellyfish (2:43)sample
6.Twinkle Snail Fish (6:20)sample
7.Star Shell Star Cloud (3:30)sample
8.Hifi Wave Bell (3:10)sample
9.Purision Coast (5:52)sample
10.Botanical Sunset Paradise (4:44)sample
11.Joywind (2:34)sample
12.The Lurar Surface Town (3:13)sample
13.Swirl Pulsation (4:11)sample
14.Japonica Line (5:39)sample
15.Sky Cradle (4:19)sample

2001年に日本の360°recordからCDリリースされた、電子音楽家、作曲家、ピアニストMiroqueによる名盤『Botanical Sunset』が、トロント拠点のアートパブリッシャーSlow Editionsより、20年ぶりにジャケットを一新してカセットで再発されます。
『Botanical Sunset』では、Miroque独特の魅惑的なコンポジションと、浮かんでは消えていくカラフルなサウンドがシン セサイザーによって紡ぎ出され、幻想的で煌めく世界が浮かび上がります。遊びがありつつも芯のあるメロディー、流れ る水のようなテクスチャー、表情豊かなリズムが、アルバム全体を通して美しい音風景を丹念に作り上げています。
2001年リリース当時、各方面で絶賛を浴びた本作は、80年代環境音楽と現行アンビエントシーン(例えば、吉村弘『 Green』、細野晴臣『Mercuric Dance』からGreen-house『Music for living spaces』)の間にある重要な電子音楽作品と して、今こそ新しい耳と解釈で聴かれるべきアルバムです。

アート、デザイン:Eunice Luk、Alicia Nauta
企画:Masahiro Takahashi
オリジナル盤リリース日:2001年3月1日 (360°レコード)
オリジナル盤選曲:虹釜太郎 (360°レコード)
オリジナル盤マスタリング:永田一直

Total Length: 69m

20 years after its debut, Toronto based art publisher Slow Editions present a reissue of Japanese electronic composer-pianist Miroque's masterpiece “Botanical Sunset” on cassette tape with brand new artwork. The album was originally released on CD by Japanese label 360° Records in 2001.

A strikingly beautiful world emerges from buoyant, enchanting compositions and colourful arrangements on the synthesizer. Miroque meticulously weaves a fantastical and dreamy soundscape bubbling with possibilities. A wavering light shimmers throughout the album, emitting a brilliant atmosphere through its glowing melodies rich in sonic textures and instrumental rhythm. ‘Botanical Sunset’ is an important electronic work that connects Japanese kankyo ongaku and contemporary ambient music (Hiroshi Yoshimura’s Green, Haruomi Hosono’s Mercuric Dance to Green-house’s Music for living spaces). The timeless album needs to be heard with new ears and interpretation.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×