menu 検索する ×閉じる

MY BLOODY VALENTINE Isn't Anything

RECOMMENDED

【新装・限定盤】180g重量盤 / 日本語帯付 /DLコード封入 / 300 x 300 mmのアートプリント4枚封入

1988年にリリースされたデビュー・アルバム『Isn't Anything』によって、彼らはオルタナティブ・ミュージックに革命を起こし、その後のギター・ミュージックに新しいアプローチをもたらした。そのサウンドは、数多のサブジャンルの雛形となり、ギター・ミュージックとスタジオ制作における画期的手法を提示した。同声域で歌うことで完璧に溶け合うジェンダーレスなケヴィン・シールズとビリンダ・ブッチャーのヴォーカルは、シールズのギターが奏でる眩暈がするような強烈な音を補完するもう一つのメロディックなレイヤーとして機能している。このアルバムは、激しく推進的なものから静かで不穏なものまで、収録曲の多くに存在する不気味な空間感覚によって特徴付けられている。

▼ Tracklisting

A1.Soft As Snow (But Warm Inside)
A2.Lose My Breath
A3.Cupid Come
A4.(When You Wake) You're Still In A Dream
A5.No More Sorry
A6.All I Need
B1.Feed Me With Your Kiss
B2.Sueisfine
B3.Several Girls Galore
B4.You Never Should
B5.Nothing Much To Lose
B6.I Can See It (But I Can't Feel It)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×