menu 検索する ×閉じる

LUIS 057 (SCHWYN)

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

DJ PythonことBrian Piñeyroが1080Pに残した変名Luisが、〈AD 93〉からの新作EPリリース。

DJ Python名義での「Mas Amable」や「Club Sentimientos Vol 2」のディープレゲトンとは、リズムの感じに変化があるものの、潜在的な意識世界を模索するような音世界。ダウンテンポのドリーミー、APHEX TWINも彷彿させる潜り込むようなA-SIDEはA1「ティモシー・シャラメ」、アップビートに展開するA2「もしくは、誰かがそう言ったもの」、ショートの「yoonito」(韓国名?)。B1はより強めのダウンテンポ/ブレイクビートで展開するB1「we still or nah」、から、一気にレイヴィーなアンビエント・ブレイクビート「jack anderson」。Mikey Dread、「Pain In Full」やTransphonicなどでお馴染みの定番フレーズ「You make me feel so good」をのせて高みにのぼり幕をとじます。  (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.timmy chalametsample
A2.or anyone said itsample
A3.yoonito
B1.we still or nahsample
B2.jack andersonsample

DJ Python revives his cult alias, Luis, with a reflective ode to his best friend. The five tracks here represent the inscrutable mix of detachment and contentment that made DJ Python's Mas Amable a modern touchstone, but the 057 (Schwyn) EP also possesses the heartfelt '90s sheen that is Luis's sonic signature. Idiosyncratic rhythms and twinkling ambience build patiently before arriving at the blissed breakbeat closer.

"missen and loven. schwyn and i go into each others lives here and there quiet and present. always missen and loven. to know he is on the earth is to know that it is beautiful." - Brian Piñeyro

Dedicated to Matthew Schnipper

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×