menu 検索する ×閉じる

CHARLIE MEGIRA Da Abtomatic Meisterzinger Mambo Chic

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

イスラエル出身ベルリン拠点のミステリアス・ロカビリー・アーティスト、2000年に発表されたデビュー作が〈NUMERO〉からLPで復刻です

15年間で少なくとも7枚のアルバムに相当する録音を残し、2016年に44歳でこの世を去ったアウトサイダー・ミュージシャン。50sの作品にも聞こえますが紛れもなく私たちと同じ時代を生きたアーティストです。Link Wray的サーフギター、ズブズブのリバーブを混ぜ合わせた恍惚の音像。チャーリーのギターが右へ左へパンし耳が弄ばれるB3「The Death Dance of the Busy Hot Lifeguard Instructor Babe」(sample_3)はもう黄泉の音楽。 (AYAM)

▼ Tracklisting

A1.Golgotha Rocksample
A2.Yesterday, Today And Tomorrowsample
A3.The Girl Who Was Frighten Of Ashtrayssample
A4.At The Rascosample
B1.Hashahar Ha'olesample
B2.Tomorrow's Gonesample
B3.The Death Dance Of The Busty Hot Lifeguard Instructor Babesample
B4.The Avenging Wolf IIsample

On his 2000 debut, Da Abtomatic Meisterzinger Mambo Chic, Megira channels the optimism of post-war America, narcoleptic surf, and the Twin Peaks soundtrack into a lo-fi masterpiece all his own. Sung in both Hebrew and English, Mambo Chic moves at a deliberate pace, unconcerned by the traffic of the modern world and wrapped in a blanket of Tascam 4-track hiss. On “Tomorrow’s Gone” Megira achieves the feat of being so far back in time that he’s somehow living in the future and waiting for the rest of us to arrive.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×