• CD-R
  • Recommended
  • Back In


Liebe

  • Cat No: -----
  • 2013-08-31

Format

CD-R ---- JPY

謎のダーク・マターPULSEMAN、コズミック・ノイズ奏者MAYUKo(CROSSBRED)によるライブinセッション。

ひたすらに流れ脈打つドローニー・パルスと、波状に降り注ぐランブル・シンセが織り成すフィジカル・ファンクション!目を閉じれば忘却の彼方へ身を置くことができるアウト・オブ・スペース!!激しく安堵が襲ってきます。オススメ!!
(※以下、ライナーノーツ転載、推薦コメントもご覧になれます。)

△▼△▼LINER NOTES▼△▼△

聴き手が過度に緊張し身構えている状態で催眠術をかけることは難しい。催眠術を信じない人に催眠術を使うことは不可能と言われている。しかし音楽はどうであろうか?それを少しでも信じ止まない人には、このpulseman(ALTZ.P / DANTEFONE)とMAYUKo(CROSSBRED / PARAPHONE / COSMOSIGN)のホワイトパルスの催眠効果は絶対である。

2012年大阪某所でのセッションライブを収録した今作。
マユコのアルファ波を引き出すような揺らぎのシンセノイズで開始。冒頭から猜疑心が強い人でも、ある種の信頼関係を、この時点で構築されてしまうだろう。
なぜなら感覚支配はすでに素敵に始まっているからだ。
充分に空間をリラックスさせた状態から限りなく鉛色に近いメトロノームことパルスマンの鋼鉄イ―ブンキックが徐々に上昇し弛緩法の如く暗示をかける。
場と意識が、ある一点に集中させる催眠術の基本はすでに仕上がってしまった。
しかし騙されても諭されてもない。正直、気持ちいい。警戒心ゼロのミラーリング状態。
鉛色の吃音と白夜の電子音の音響催眠は今夜もあなたを愛撫する。この音は意志を操作することが可能だ。ただし悪用は厳禁だ!
余談だが、ボブ・サップは韓国で催眠術師になっていた、と意外な情報も私のもとに入ってきました。

吉田ヤスシ(bonanzas/DANTEFONE)

Back to List

ページトップへ戻る

fold the sound player