menu 検索する ×閉じる

1〜4件 / 全4件

< Back   Next >
  • 1

SAM WILKES - One Theme & Subsequent Improvisation : LP

盟友であるSAM GENDELと共に西海岸ヒッピー~00年代ビート・カルチャー流れのジャズを更新する、ベーシスト/プロデューサー/コンポーザーのSAM WILKESによる圧巻の2NDアルバム、、、

SAMが最初に思いついたのはChristian Eumanとツインドラムのレコードを作ること。そしてChristian Eumanが指名したGreg Paulが登場。数々のインプロセッションを録音し、その後にドライブしながら聴き直し、断片を繋ぎ合わせて作られたという。今作のためにカルロス・ニーニョが設えた10の質問のうちの6番目が、"あなたにとってONE THEME(アルバムタイトル)」とは何ですか?"の問いに、SAMは"8小節の和声とメロディーの繰り返しです"と答えてます。このループとじわじわする変容がL.Aのビートカルチャーの影響でしょうか、アンビエント的静けさを味方にするSAM GENDELとは少し違うアプローチですね。これも今の最先端ジャズ、そしてアンビエントとも聴けます。音が輝いてる。一曲目のONE THEME(sample1)から素晴らしすぎる。*こちらは入荷時よりジャケット一部に角折れがございます。予めご了承願います。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

1.One Theme
2.Phillips
3.The Drums
4.Bass & Arp & Juno
5.Pretty
6.Chris Fishman
7.Phillips 2
8.Ripped
9.The 3rd

RECOMMENDED再入荷

SAM WILKES - One Theme & Subsequent Improvisation : CASSETTE

盟友であるSAM GENDELと共に西海岸ヒッピー~00年代ビート・カルチャー流れのジャズを更新する、ベーシスト/プロデューサー/コンポーザーのSAM WILKESによる圧巻の2NDアルバム、、、

SAMが最初に思いついたのはChristian Eumanとツインドラムのレコードを作ること。そしてChristian Eumanが指名したGreg Paulが登場。数々のインプロセッションを録音し、その後にドライブしながら聴き直し、断片を繋ぎ合わせて作られたという。今作のためにカルロス・ニーニョが設えた10の質問のうちの6番目が、"あなたにとってONE THEME(アルバムタイトル)」とは何ですか?"の問いに、SAMは"8小節の和声とメロディーの繰り返しです"と答えてます。このループとじわじわする変容がL.Aのビートカルチャーの影響でしょうか、アンビエント的静けさを味方にするSAM GENDELとは少し違うアプローチですね。これも今の最先端ジャズ、そしてアンビエントとも聴けます。音が輝いてる。一曲目のONE THEME(sample1)から素晴らしすぎる。先ずはテープから。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

SAM WILKES - Wilkes : LP

SAM WILKES Wilkes

LEAVING RECORDS (US)
LP // LR137
---- yen (税込)

【2018年の名盤追加プレス入荷しています】ゆったりと深く降りてくるような音。言葉もありません。SAM GENDELも全面参加。FABIANO DO NASCIMENTO、SAM GENDELに続いてSAM WILKESのアルバムが素晴らしいです!ニューエイジもジャズも、シューゲイスも、、スタイルではないソウル・ミュージック。聴くべき。

SAM GENDELとのコラヴォレーション, LOUIS COLEやKNOWER BANDへ参加してきたL.A.ニュージャズ/ファンクシーンのベーシストSAM WILKESがLEAVING RECORDSからソロ名義でアルバムリリース!。SAM GENDEL(LEAVING),LOUIS COLE(BRAINFEEDER)も参加しています。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SAM WILKES - Live On The Green : LP

SAM WILKES Live On The Green

LEAVING RECORDS (US)
LP // LR-161
---- yen (税込)

2020年代のスピリチュアルジャズ、そのネクスト。チャンバー、レクイエム、遠くへ遠くへ

説明不要。もちろん盟友のSam Gendelも参加。00年代からのL.Aのビート/音響カルチャー、アンビエント/ニューエイジ全てを通過し濾過された2020年代、我々の時代のスピリチュアル・アコースティック・アンサンブル。凛々しく透明な音像がどこまでも素晴らし。現行ジャズもすっ飛ばしてます、全ジャンルリスナーへ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

1〜4件 / 全4件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×