menu 検索する ×閉じる

WILLIAM EATON Music by William Eaton

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

EM RECORDSから、弦楽器の世界的なデザイナー/ビルダーのひとりであるウィリアム・イートンが、自作の楽器を徒然に奏で録音し1978年に発表したオーガニック・ミュージック名盤1stソロ・アルバム。

弦楽器の世界的なデザイナー/ビルダーのひとりであるウィリアム・イートンが、自作の楽器をつれづれに奏で録音した1978年発表のファースト・アルバム。ジャケット隅に小さく題字があるだけ。曲目も説明も一切ない、十八編の瞑想的な楽音詩が連なった弦楽器演奏集。作者自身の手による書き下ろし解説を収録し、知られざる本作のストーリーを明かす、世界初CD化。

ウィリアム・イートンはネブラスカ州リンカーンに生まれ、進学のため移住したアリゾナに定住した。アリゾナの砂漠や原野で放浪生活をしていた70年代初頭、かの地にあったホアン・ロベルトのギター工房に足を運んだとき、伝説的な楽器製作家、ジョン・ロバーツ(1921-1999)に出会い、彼とイートンはその後26年に渡るパートナーとなった。また彼はもう一人の楽器製作名人、ロベルト・ヴァンにも師事し、イートンの発案と奔走で1975年には二人を講師とした弦楽器職人を育成する専門学校<The Roberto-Venn School of Luthiery>を開校した。本作は学校を設立して間もないイートンが、自主制作で発表した記念すべきファースト・アルバムであり、全て自作弦楽器での演奏となる。作品は、彼が<楽音詩(tone poem)>と形容する無題の18編の演奏(シークエンス)を積み重ね、ひとつの<世界>としたもの。ジョン・フェイ、ブライアン・イーノ、トミー・ゲレロの諸作も想起させる、静的な中に色とりどりの含みと独自の世界観を伴ったもので、彼の哲学観、精神性をはっきりと提示している。80年代のニューエイジと比較するのも興味深い(イートン自身はニューエイジャーではないと明言している)。彼は楽器工房を経営し、今も演奏活動を続けるミュージシャンである。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×