menu & search

MOEBIUS & PLANK En Route

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

ClusterのDieter Moebiusとご存知ジャーマンエレクトロニクス最重要プロデューサー・エンジニアConny Plankの1983年録音、亡くなる前の年1986年ミックスのコラボレーション作で「Zero Set」に続く、1995年にリリースされていた4枚目の怪作「En Route」がめでたくBureau Bより180g重量盤でアナログ・リイシュー。ストックしました。

アナログシンセとリズムマシーン、そしてシンクラヴィアやフェアライトなどの当時のデジタル最新機器を駆使して未来のエレクトロニック・サウンズを探求した、いびつでアブストラクト、ストレンジながら、1986年という時代背景も含めてタックヘッドなどのエイドリアン・シャーウッドOn-U的なインダストリアル&エレクトロ・ファンク&ダブな心意気にも満ちたさすがの一枚。やはり傑作!!!1995年のManu Guiotによるリミックスも2曲収録の全12トラック。現在の現在のベース・テクノ・シーンへの影響は計り知れない。当時のイカしたPVまでありました。トラックリストからもぜひ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

Side-A
01.Automatic05:18sample
02.Don't Point the Bone04:47sample
03.Drum!02:38
04.Echaos03:26
05.Muffler A04:43sample
06.Pick the Rubber04:05sample
Side-B
07.The Truth?03:33
08.Prehistoric04:37sample
09.Die Wirren03:28sample
10.Muffler B02:39
11.Don't Point The Bone (Remix)05:10sample
12.Automatic (Remix)04:22sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×