menu 検索する ×閉じる

VARIOUS A Totally New Sound

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

80s, 90sの世界各地のオブスキュアミュージックを発掘していく注目のUS発のレーベル〈SMILING C〉からワシントンDCのキッズ・エレクトロソウル。

PPUに続いて、USから注目のレーベル〈SMILING C〉。モロッコ産エレクトロに続いて、ワシントンDCのローカルマニアックなプロデューサーMBA MBULUと彼の自主レーベル〈ASET〉にスポットを当てたレア音源をコンパイル。まずはMBA MBULUが手掛けた10代前半の女の子LATONYAの1986年のアルバムからピックの4曲を収録したA-SIDE。可愛すぎなへたうまヴォーカルにギリギリのバランスを保つある意味アヴァンギャルドなまでに熱のこもったバックが最高であります。B-SIDEは88年のこちらは高校生男子でWhaxというプロジェクト名でリリースした「Can I Take You Home?」。DISCOGSには7インチしか載っていない人気曲のおそらく未発表の"Long Version"。THEOは高校生の女の子三人組でアオウト・オブ・キーな不安定さとトラックが絶妙な3曲。すごい音源ありますね。SEAN CENTREとRUSHHOURが配給を手伝うSMILING C。デッドストック。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.LATONYA - Dance Time (4:52)sample
A2.THE ASET PLAYERS - Skip (5:35)sample
A3.LATONYA - Eyes Of A Child (3:44)sample
A4.LATONYA - We Will Teach The Adults (5:19)sample
B1.WHAX - Can I Take You Home? (Long Version) (6:16)sample
B2.TREO - Demands Decrease Desire (3:56)sample
B3.TREO - Second Is Too Close (3:24)sample
B4.TREO - When Your Love Has Gone (3:07)sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×