menu & search

SEBASTIAN GANDERA Le Raccourci (1LP+MP3)

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

'88年から'94年までのあいだに大量のD.I.Y.カセットを生産しつづけた、フランス孤高のローファイ宅録コンポーザー×印象派アヴァンギャルド・ピアニスト・SEBASTIAN GANDERAことÉRIC MORINの作品集を、NOISE IN MY HEAD主宰の〈EFFICIENT SPACE〉が再編リイシューです!

幼少期から自分の両親と同じピアノの先生から古典の訓練を受けたSEBASTIAN GANDERAは、すでに活動していた友人であり良き理解者であるパリのコールドウェイヴ・ユニット・A GETHSÉMANIのヴォーカリスト・BERNARD ODOTの影響から、大学の寮室でカセット作品の制作をスタート、当時のD.I.Y.ミュージックの交流の基盤であったエア・メールで欧州各地からアメリカに至るまでネットワークを拡げ少部数ながら多くの作品を産んだ。そんな彼のディスコグラフィーの最後とされる、ジャーマンロックやエリック・サティなど現代音楽からの影響を独特のセンスとユーモアで昇華したキュートでストレンジなオモチャ楽器演奏家・KLIMPEREIとのスプリット・アルバム「La Bakélite / Petit Aéroplane」('94)の音源を中心に、レーベル第2弾コンピレーション「SKY GIRL」を編纂した仏ヴァイナルディガー・JULIEN DECHERYがセレクト。これまでのラディカルなコラージュ作品とは画し、よりパーソナルな心象風景を映し出した儚くも美しきコンポジション。スペイン20世紀最大の詩人・ガルシア・ロルカの作曲した”C'Était A L'Aube”も収録した全15の短編集!DLコードカード封入。レコメンド。 (DNT)

▼ Tracklisting

A1. N’Écrire Que Du Vent (1:19) sample
A2. La Visite Au Musée (3:26) sample
A3. And Then The Wind (5:05) sample
A4. Chienne De Vie (4:34) sample
A5. Quand Natalia Peint (0:49) sample
A6. Thème Entre Deux Chants (2:08) sample
A7. Les Sanglots Du Locataire (2:22) sample
B1. John Doe (2:57) sample
B2. C'Était À L’Aube (1:11) sample
B3. Le Dialogue Des Joueurs De Cartes (3:31) sample
B4. Et L'Obscurité Toute Entière Pour Me Rappeler Cela (4:25) sample
B5. Le Train Ne S'Arrêtera Plus (2:55) sample
B6. L'Oubli (1:34) sample
B7. Chryséléphantines (2:16) sample
B8. D'Un Pas Chancelant (2:33) sample

Efficient Space's latest essential release draws together tracks from the personal cassette and DAT archives of pianist and experimental composer Sebastian Gandera (real name Eric Morin), who released a handful of albums on obscure, tape-only labels in the late 1980s and early '90s. The vast majority of the beautiful, poignant and surprisingly immediate music was recorded during the musician's university days, with Morin recording straight to tape in his dorm room. There are a few synthesizer and organ works with more complex arrangements - think moody ambient chords, synth double bass and occasional percussive elements - but for the most part what you get is one man, a piano keyboard and oodles of emotion. Given the quality of his compositions, you really don't need anything else.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×