menu & search

POTÉ Waters of Praslin EP

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

リスボンの「ENCHUFADA」クルーの一員としてロンドンで活動しながら、DAOMN ALBURNによるプロジェクト「AFRICA EXPRESS」に起用され多方面から注目されている黒人プロデューサー・POTÉによる初となるヴァイナル、ロンドンで信頼されている「BBC RADIO:1」のDJ兼ラジオ・パーソナリティー・BENJI Bのレーベル<DEVIATION>からリリース!

GORILLAZのKABAKA JR.によるフックアップで、若くしてそうそうたる面々とのスタジオワークを経験し、BONOBOのツアーのサポートDJや、TERRY RILEYの代表作「IN C」の50周年を記念したプロジェクト「AFRICA EXPRESS」にも参加したプロデューサー・POTÉによる、アトモスフェリックなオーケストレーションに、跳ねたアフリカン・リズムと饒舌なベースラインで陶酔させる”Jacquot (Waters Of Praslin)”と、ポップなサウンド構築でバイレやクドゥーロを消化したモダン・フューチャリスティックなUKベースの”Sirens”の2トラック! (DNT)

▼ Tracklisting

A. Jacquot (Waters of Praslin) sample
B. Sirens sample

Poté returns to Benji B’s Deviation Music following the release of his acclaimed debut album 'Spiral, My Love' last year. 'Waters of Praslin' is the first in of a run of club-focused 12"s from the artist entitled the Versiclub series.

St. Lucia born and London-raised, Poté (real name Sylvern Mathurin) has always been drawn to African diasporic futuristic beats from baile funk to kuduro and gqom. Before Benji stepped in to release his debut record Poté put out multiple EPs for Enchufada, the independent record label founded by his spiritual forbearers in Lisbon, Buraka Son Sistema.

The Brazilian influence is definitely evident in opening track 'Jacquot (Waters of Praslin)', with its afro-samba rhythm laced with the metallic synth work of UK bass. Track 2, 'Sirens' feels like a future dance floor favourite that channels UK funky, dub step and of course the power of the siren in the dance.

"Waters of Praslin is my homage to the people and spirit of my hometown, Praslin in St.Lucia. These are the waters which gave us life, stories, joy and memories” says Poté “these waters saw many of us grow and and eventually pass."

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×