menu & search

CHARLIE MEGIRA Tomorrow's Gone

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

NUMERO GROUPから、近代を生きた知られざるアウトサイダーCHARLIE MEGIRAにスポットをあてたコンピレーションをリリース。不思議な世界。

インターネットで様々な情報にアクセスできる今の時代においても、チャーリー・メギラは現代のミステリーだ。気まぐれな検索でゆきあたるのはよくわからない記事のみ。彼のキャリアはCDの市場が崩壊を迎えるはじめる頃からSPOTIFYなんかが主流になる直前の時期の短い間の活動で、メインストリームから遠く離れた存在だった彼のような存在、音楽が発見されることはほとんどなかった。このコレクションはそんな彼の短い輝き、その音楽人生にスポットを当てた初の試みだ。彼の音楽は、親しみのある音楽であり、同時に異質なエイリアンのような音楽でもあった。リンク・レイのサーフギターと、CRAMPSなんかのサイコビリーを出発点に、ゴスに影響を受けたポスト・パンク的な作品をへて初期のロックンロールのルーツへと帰る。15年間で少なくとも7枚のアルバムに相当する録音を残し、太陽のまわりを44回、周期しただけの短い人生を閉じた。「Tomorrow’s Gone」はそれらから24曲をコレクトし彼のキャリアを旅するダブルパックのアルバム、彼の悲劇的な存在のドキュメントしたブックレットを添えてています。型破りなアーチストだった。多くの人々が携帯電話を眺めている間に。。EKOギターと黒のタキシードと彼のトレードマーク、偏向サングラスだけを装備して。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1. Yesterday, Today And Tomorrow sample
A2. The Coochimamas Swingers sample
A3. The Girl Who Was Frightened Of Ashtrays sample
A4. The Death Dance Of The Busty Hot Lifeguard Instructor Babe sample
A5. Smile Now, Cry Later sample
A6. Alligator Man sample
B1. Failed In Love sample
B2. Mali Boo sample
B3. At The Rasco
B4. Turn Around
B5. If You Only Knew
B6. Tomorrow's Gone
C1. Direct Exercise No. 1
C2. The Valley Of Tears
C3. Fear And Joy
C4. Kiss Of Death
C5. Je Ne Parle Pas Francais
C6. Dunkel Party
D1. Tower Of Tongues
D2. Nothing
D3. Freak Junior
D4. Elvis Is Not Dead
D5. Psychic Youth-2
D6. (Used To Be...) Psychic Youth

Even in this age of near-total Internet accessibility, Charlie Megira is a modern mystery. A casual search turns up little aside from a few cryptic articles. His brief career unfolded during a changing of the guard in the music industry, opening on the death of the compact disc and ending just prior to Spotify’s IPO. For an artist like Megira, living far away from a major music outpost, there was more chaos than structure for his recordings to exist and find an audience. This collection is the first attempt at putting the pieces together, compiling a life’s work of an artist whose spark almost shined unto the world.
His was a music both familiar and entirely alien at once. It touches on corners of darkness, an isolation both lonely and sweet, all wrapped in a cold glow that draws the listener into each note, each melancholy melody triggering unrecorded experiences. His various projects put out music which began as a junction point between Link Wray’s surf guitar and the theatrical psychobilly of The Cramps, took a turn towards goth-inflected post-punk, and towards the end of his career would sojourn back into his earlier musical fascination with late 1950s and early 1960s rock ‘n’ roll.

The Israeli guitarist recorded seven albums worth of material in 15 years during his all-too-brief 44 trips around the sun.Tomorrow’s Gone collects 24 of these tracks for a double album journey across his career, accompanied by a lavish booklet that documents his tragic existence. Armed with only an Eko guitar, a black tuxedo, and his signature wrap-around shades, Charlie Megira was a mold-breaking artist who disintegrated while we were all staring at our phones.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×