menu 検索する ×閉じる
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

【追加分入荷しました】レフトフィールド、ディスコ、エレクトロ・ファンク。デトロイト〜シドニーのインディペンデント・シーンのコネクションから届いたSYMPTOMS OF LOVE「Foam EP」。推薦盤です!

〈KEN OATH〉からもリリースするCARAVANのリリースでスタートしたシドニーの〈PLANET TRIP〉の第2弾は、PROJECT PABLOの〈SOUNDS OF BEAUBIEN OUEST(SOBO)〉からデビューしたデトロイトのデュオSYMPTOMS OF LOVE。ART OF NOISEのようなマジカルなエレクトロヴォイス。スローファンク、エスニックブギー。バージョン違いのA2や他の曲もバッチリ素晴らしい。バンクーバー〈PACIFIC RHYTHM〉のDJ D.DEEやJEX OPOLIS、マンチェスターのRUF DOG、シドニーのBEN FESTER、LAUREN HANSOM等々各地のグッド・ミュージック・シーンからアーリーサポートの声が届いている一枚です。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Foam (Seaside Mix)sample
A2.Foam (Streetside Mix)sample
B1.Nightwatch (Cassette Mix)sample
B2.Freshwater Peoplesample
B3.Sunset Yearssample

NULL

Symptoms of Love, a project by Detroit duo Ryan Spencer (Freakish Pleasures) and Ben Christensen (Sector 7G), present “Foam EP” on Sydney label Planet Trip Records. This is the team’s second release, a follow-up to their 2019 “Eye Contact” (SOBO, Montreal). “Foam EP” reflects a contrast of the high-energy late nights and laid-back afternoons in the sprawling echo-chamber of Detroit.

Recorded over the course of two years, the duo stack live instrumentation onto the vast synth and drum machine collection in Christensen’s home studio. The tracks are finished with explorations into sample-based wormholes that deliver a truly diverse EP. The sounds cruise through balearic and streetsoul inspired smoothness, machine funk dance floor jams, and bleepy percussive workouts.

This five tracker holds a mood and a groove for every hour of the dance; be it at peak time, sun up or sun down. Receiving early support from Jex Opolis, Millios Kaiser, CC:DISCO!, Lauren Hansom, DJ D.DEE, Ben Fester, Ruf Dug, Bayete & more

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×