menu 検索する ×閉じる

OKADA TAKURO + DUENN 都市計画(Urban Planning)

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

これまで王舟&BIOMAN、Jim O’Rourke、Ana Da Silva & Phewの電子音楽作品を発表してきたNewhere Music最新作、2020年5月に配信限定リリースされた『都市計画(Urban Planning)』が待望のLP化。都市の音楽をテーマに、構想から実に2年余りの歳月をかけて完成された、先人へのリスペクト愛情あふれる、どこか懐かし雲新しい穏やかな環境音楽アンビエント作品。

バンド、森は生きている解散後、ソロ名義でデビュー・アルバム『ノスタルジア』をリリース。ソングライターとしての枠にとどまらず、プロデュース、映画音楽の制作など多彩な活動で知られる音楽家、岡田拓郎と、ベルギーのEntr'acte、アメリカのPast Inside The Presentを始めとした国内外のレーベルから数多くの作品を発表しているサウンド・アーティストduennが、2016年の初作『mujo』に続いて、約3年半ぶりに発表したセカンド・コラボレーション作。duennが全編GarageBandでメロディを作成し、岡田が編集とプロデュースという役割分担で制作された本作は、現代における生活空間の中で共鳴するアンビエント・ミュージックの追求が成されており、フューチャリスティックなメロディーの中に、子守唄を彷彿させるのような、ある種の懐かしさをも感じさせる味わい深い仕上がりとなっている。藤本由紀夫や吉村弘など、偉大なる先人たちへのリスペクトを感じさせる全16曲。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

A1.Waterfront
A2.Aquapolis
A3.Third Sector
A4.Hana To Midori To Hikari
A5.Nijuuisseiki No Mori
A6.Green Park
A7.Social Welfare
A8.Public Space
B1.New Urban Center
B2.Subcenter
B3.Landscape
B4.Zone
B5.116
B6.Public Open Space
B7.Cosmodome
B.8.Infrastructure

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×