menu 検索する ×閉じる

SHINICHIRO YOKOTA Time Lapse EP

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

Soichi Terada (寺田創一)氏とのパートナーシップでお馴染みの日本のハウスミュージックのパイオニア、SHINICHIRO YOKOTA(横田信一郎)のニューアルバムからシングルカット!

▼ Tracklisting

A1.Time Lapsesample
B1.Interested In Itsample
B2.Detectorssample

ジャパニーズハウスの先駆的プロデューサーShinichiro Yokota がニューアルバム「Tokonoma Style」から 3曲入りのシングル・カット「Time Lapse EP」を、アムステルダム発のドメスティック・レーベル〈Sound Of Vast〉からリリース!

全曲Soichi Terada監修のもと制作された12曲入りのニューアルバム「Tokonoma Style」は、1990年代初頭に実際に使用していたAKAIのオールドサンプラー S1100やKORG M1、PROPHET-5などビンテージシンセサイザーを駆使し、アジアンテイストが全面的に押し出された作品だ。
収録曲はディープハウスだけでなく、若きShinichiro Yokotaが特に影響を受けたテクノポップ、ファンク、ヒップホップなど様々なジャンルを落とし込みながらも、彼の持ち味である甘いメロディやポジティブなエネルギーを昇華した意欲作となっている。

〈Sound Of Vast〉からリリースする3曲入りのEPは完全ダンスフロア仕様となっており、特にリード曲「Time Lapse」は多幸感溢れるアッパーなハウストラックに仕上がっている。
また、B1収録の「Detectors」は、2020年Syst. (Soichi Terada & Shinichiro Yokota) 名義でデジタルリリースされた手洗いソングのインスト・バージョンで、今回待望の初ヴァイナル音源としてリリースされる。

Sound Of Vast welcomes Shinichiro Yokota back with new EP, ‘Time Lapse’, comprised of three originals from the Tokyo artist.

Tokyo born and raised Shinichiro Yokota has been recording his unique twist on electronic music since the early eighties, after meeting fellow Japanese artist Soichi Terada in 1987 his career began to flourish and subsequent releases surfaced on his and Terada’s own Far East Recordings from the 90’s onwards. Here, following his ‘Ultimate Yokota 1991 – 2019’ compilation on the label in 2019, Shinichiro returns to Sound Of Vast with this new EP, selection of cuts from the forthcoming album "Tokonoma Style", a project composed using a selection of vintage synthesizers such as AKAI's old sampler S1100, KORG M1, and PROPHET-5, which were actually used in the early 1990s. It's a full album with 12 tracks. These three tracks will be presented for the first time on vinyl via Sound Of Vast.

Title-track ‘Time Lapse’ leads and in typical Yokota fashion treats up to euphoric house keys, breathy vocals and intricate swinging drums alongside brass licks, tension building strings and wandering synth sequences.
‘Interested In It’ follows next, shifting focus towards choppy distorted bass tones, an amalgamation of bright, resonant synth tones and stripped back drums before ‘Detectors’ rounds out the release, employing eighties tinged bass and plucked synth tones, vocoder voices and dreamy, ethereal textures.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×