menu 検索する ×閉じる

NO MOON Spins, Parities & Multipolarities

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

陶酔感のあるシンセシスとフィールドレコーディングをドッキング。〈CHURCH〉や〈X-KALAY〉において突き詰めてきたモダンハウス/エレクトロのダンストラック、そのサウンドワークの鍵となってきた”アンビエント”に焦点を当てた作品!マンチェスター出身ベルリン拠点のNO MOONがミニアルバムを発表。

自身のホームレーベルとして作品を残してきたグラスゴー名門〈CRAIGIE KNOWES〉より。精密な音像に拘ったフィールド録音を点在させた「Simpler Times」(sample1)をオープナーに、アルペジオやアシッドラインでトランスに持ち込む「Train to Luzern」や「Transmission III」(sample2)。キックレスながらハイハットで拍をつけた「Are We Really Doing This?」(sample3)など、ノンビートでもシンセサイザーの脈動に動かされるアンビエント/エレクトロニクス。 (Akie)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×