menu 検索する ×閉じる

RISCO CONNECTION Risco Version

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

ロフト〜ガラージファンはもちろん全てのミュージックラバーに愛されてきたレゲエ・ディスコ・カバー・グループRisco Connectionの1979年から1980年にかけてのレゲエ/ディスコ・シングルをオリジナルテープからリマスタリングされ完全収録した初のオフィシャル・コンピレーションが名門Strutよりリリースされた。3LP、シングルスリーブ、2pp 12 "インサート付き。お見逃しなくどうぞ。大推薦盤。

視聴音源入りました。再入荷予定あり。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

01./ A1. Ain’T No Stoppin’ Us Now (Vocal) 7.03sample
02./ A2. Ain’T No Stoppin’ Us Now (Version) 9.05sample
03./ B1. Good Times 7.25sample
04./ B2. One More Time (Instrumental) 8.19sample
05./ C1. I’m Caught Up 7.42sample
06./ C2. Argument 6.19sample
07./ D1. It’s My House (Special Disco Version) 7.58sample
08./ D2. It’s My House (Version) 7.42
09./ E1. Bringing Out The Sunshine 6.21
10./ E2. Risco Music 6.09sample
11./ E3. Reggae Music 5.57sample
12./ F1. Sitting In The Park 5.22sample
13./ F2. Park Version 4.23
14./ F3. Stopping (Version) 4.51sample

伝説のスタジオ・ワンを拠点に活動していたドラマー・”ドラミー”・ジョー・アイザックがカナダに移住してスタートしたリスコ・コネクションは、ベースのクラレンス・グリアー、ギターのトニー・キャンベル、キーボード/ヴォーカルのグレン・リケッツを中心に様々なゲストヴォーカルを迎えてディスコクラシックを彼ら流にアレンジして自らのレーベル、ブラックローズから12インチをリリースした。マクファデン・アンド・ホワイトヘッドの”Ain’t No Stopping Us Now”、イナー・ライフ”I’m Caught Up”、ダイアナ・ロス”It’s My House”をはじめとした名曲を軽快なレゲエディスコにアレンジ!!本作にはダブバージョンをはじめ、UKのサウンドシティからリリースされたシックの”Good Times”をはじめとしたレアチューンも完全網羅した初の正規コンピレーション!



ドラマーである "ドラミー "ジョー・アイザックスは1968年にカナダに移住する以前、ジャマイカのスタジオ1のハウス・ドラマーとして無数のプレ・レゲエの名曲で歴史を作り、ロックステディ時代にはスカの速いペースを緩めたと評価されている。リスコ・コネクション(Risco Connection)と共にアイザックは'Ain't No Stopping Us Now'や'Good Times'などのレゲエ/ディスコのカバー曲から'I'm Caught Up (In A One Night Love Affair)' や 'It's My House' などを12インチ・シングルとして彼自身のブラックローズ・インプリントで限定リリース。「カナダに来たとき、俺たちはジャマイカから初めてカナダに来たミュージシャンの一人だった」とアイザックは説明する。「リスコ・コネクションでは、ディスコとロックステディの間のクロスオーバーと適切な歌詞を持った曲で新しいことに挑戦したかったんだ。当時は広く流通させるのに苦労したが、それでも人々はこのサウンドを拾ってくれた」。トロントにあるグレン・ヨハンセンの小さなスタジオ、インテグレート・サウンドで録音され、ミュージシャンにはアイザックのドラムとパーカッション、ベースのクラレンス・グリア、ギターのトニー・キャンベル、キーボード兼歌手のグレン・リケッツとジャマイカ、アメリカ、カナダのプレイヤーたちが参加した。アイザックはテリー・ホープ(Terry Hope) ('It's My House')、メリン "ローナ "ブルックス('Caught Up')、オーティス・ゲイルとジュリエット・モーガン ('Bringing The Sun Out' と 'Sitting In The Park') 、トビ・ラーク ('Good Times') など独立系の素晴らしいボーカリストも呼び寄せた。トロントとニューヨークで5,000枚以上を売り上げ、ダブ・ヴァージョンはデイヴィッド・マンキューソの有名なロフト・パーティーで根強い人気を誇るようになった。Risco Version」はシングルのボーカル・ヴァージョン、ダブ、エクストラ・トラックをすべて収録している。両フォーマットとも、ジョー・アイザックのインタビューとジャーナリスト、アンガス・テイラーによるライナーノーツが掲載されている。オーディオはSean Pによって修復され、The Carveryによってリマスタリングされている。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×