• 2LP
  • Cassette


Subtle Movements

  • Cat No:
  • 2024-04-19

Format

2LP 4690 JPY

圧・倒・的・超能力音楽!昨年話題となった、Andre 3000のニューエイジ傑作『New Blue Sun』の中の8曲中5曲に携わった、カルロス・ニーニョ、スーリヤ・ボトファシーナ、ネイト・メルセロー3名によるスピリチュアル〜アンビエント〜ニューエイジ・アルバム。もちろん!西海岸の今的ニューエイジレーベルである本拠地〈Leaving Records〉から。

やはり圧倒的と言わざるをえない、時代を牽引というか西海岸ヒッピーカルチャーから今の流れを全て総括するかのようなカルロス・ニーニョの圧倒的お仕事。今作は、個人的にも昨年ベストの一枚だった、André 3000による『New Blue Sun』のバックバンド的なメンツの3人。メジャーヒップホップアーティストがあのニューエイジ・アルバムを出すのはブラック・スピリチュアリズムの進行形だったわけで、そのフィクサーとしてやはりカルロス・ニーニョだったという。
スーリヤ・ボトファシーナはアリス・コルトレーンが弾くピアノとシンセを聴いて育ったというキーボード奏者(!)。ネイト・メルセローもカルロスお抱えながらメジャーも行き来する西海岸の異才で、演奏しながらバンドの音をライブでサンプリング、たとえば30秒前のカルロスのパーカッションの音を新しいキーとテンポで演奏したり、スーリヤのキーボードのパッドを素早くスライスしてサブ周波数にピッチダウンなど、サウンドの中のサウンドの瞬間を再構築。この3人が揃ったのはTurn On The Sunlightのジェシー・ピーターソンとミア・ドイ・トッドのカリフォルニア州グレンデールのホーム・レコーディング・スタジオとのことで、西海岸/leavingコミュニティの濃さが伺えます。ジャズやアンビエントとかをこえた自然現象のような一枚。すごいです。 (Shhhhh)

Back to List

ページトップへ戻る

fold the sound player