menu & search

1〜2件 / 全2件

< Back   Next >
  • 1

PHILIPPE CRAB - ridyller rasitorier rasibus : CD

PHILIPPE CRAB ridyller rasitorier rasibus

LE SAULE (FRA)
CD // LSL999-CD
2690 yen (税込)

フリーフォーク、アルゼンチンや10年代以降のワールド音楽以降、新たなフランス語による"歌"(シャンソン)を聴かせてくれるベルギーのLE SAULEの新作は、レーベル立ち上げのメンバーでもあるフィリップ・クラブの5作目。

レーベル周辺は映像作家のヴィンセント・ムーンら才人集まる小さなコミュニティのようで、シャンソン・オルタナティブというべき佇まい。
仏語圏以外には難解だったシャンソンの言語や意味から重力を取り除き、かわりに音遊びに重きをおく。しかも今作は民族楽器の突拍子もない導入やMNML感を取り除き、より内面性を割り出したいうか独自の世界を創り上げてます、凄いですね。
しかしオリジナルながらも言語や不協和音のギターの響きは美しく、その乱調ぷりとアートワークもふくめたトータルな世界観は結果的に"今"なSSW / フォークに帰結しています。
個人的には七尾旅人くんを思いだしますね。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

PHILIPPE CRAB - Necora puber : CD

PHILIPPE CRAB Necora puber

LE SAULE (FRA)
CD // LSL20-CD
2590 yen (税込)

これまた不思議な才能です。パリ在住のSSWフィリップ・クラブの2013年作。

ギター、ボーカルのほの暗いブリティッシュ・フォークやフランスのサラヴァ等の影響をうけつつ、レーベルメイトのジャン・ダニエル・ボッタの操る民族楽器(ブズーキ、バラフォン、ハワインハープ、カリンバ)が微音で入り、微細なミニマル感とエスノ感が加わり独特のオブスキュアな空間になります。さらに、同じくレーベルメイトの才女レオノーレ・ブーランジェの美しいコーラスと中央アジアの打楽器等。仕掛けやアートワーク含めて観念的な世界観でもありながら、美しく新感覚なフォークに帰結しています。ちょっと凄いです。映像作家ビンセント・ムーン周辺の人脈でありこのあたりの動きも期待。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

1〜2件 / 全2件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×