menu 検索する ×閉じる

DRY & HEAVY One Shot One Kill

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

復活のDRY & HEAVY!!! 9年ぶりの新作リリース!Feat. KILLER-BONG/CUTSIGH.

『これを奇跡のリユニオンと言わずして、何と言おうか。かつての名の下にリズム・チームを組んで日本国外にもその名を轟かせていたものの、01年の別離から約 9年間、まったくと言っていいほど別々の道を歩んでいた七尾 "DRY"茂大(ドラム)と秋本"HEAVY"武士(ベース)の2人が再び再会したのである。これは奇跡であり、紛れもない事件だ。

スライ&ロビーがスライ・ダンバーとロビー・シェイクスピアという2人よるリズム隊の名称であるように、本来DRY&HEAVYとは七尾と秋本という2人のコンビ名であった。実際、ルーツ・レゲエ/ダブが持つ一種凶暴なまでの攻撃性やドープネスをストイックに追求し、その現代性を鮮やかに浮き彫りにしてきたDRY&HEAVYの根幹となっていたのが、七尾と秋本による強靭なビートだったことはあえてここで強調するまでもないだろう。 01年の秋本脱退は決して友好的なものではなかったはずだし、その後のREBEL FAMILIA~THE HEAVYMANNERSにおける秋本の大活躍ぶりによって、七尾とのコンビ復活が二度と叶わないものになってしまったことはファンも覚悟していたに違いない。だが、10年11月22日、渋谷ASIAで行われたBLACK TERRORにおいて七尾と秋本のコンビが本格復活。KILLER-BONG(ヴォーカル&MPC)、Cutsigh a.k.a. KASAI(ギター)を迎えた編成によって、かつてのDRY&HEAVYとも違う異次元のダブサウンドを叩き付けてオーディエンスに衝撃を与えた。

そうしたなか、極秘でレコーディングされていたマテリアルがBLACK SMOKERからついに登場する。中野HEAVY SICKで延々繰り返された七尾と秋本のセッションに、KILLER-BONGとCutsighが音を加えた(その名も)"DRY& HEAVY"、そしてインスト・ヴァージョンの"ONE SHOT ONE KILL"。録音機材にはKORG社のMTRを使用し、一発勝負のライヴ・レコーディング。まるで情念が渦巻いているかのような音の塊は、もはやレゲエ/ ダブというサウンドスタイルすら飛び越えている。ここには剣士が睨み合っているかのような緊張感があり、怒りや喜び、哀しみを含んだエモーションの爆発がある。再会を喜ぶような微笑ましいムードは皆無。七尾と秋本が作り上げた〈新生DRY&HEAVY〉のサウンドは、誰も想像することすらできなかった未来のダブ・ミュージックだったのである。この音源がBLACK SMOKERからリリースされる意義を含め、これほどまでに重要な意味を持つ作品はそうそうない。衝撃の全20分26秒を体感せよ。(文・大石始)』
▼ Tracklisting

DRY & HEAVY sample 
ONE SHOT ONE KILL sample 

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×