menu 検索する ×閉じる

Phew Vertigo KO

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

1978年Aunt Sally、80年代にはソロ・アーティストとして坂本龍一、コニー・プランク、ホルガー・シューカイ、ヤキ・リーベツァイト、DAFクリス・ハースなどとコラボレーションを、近年では、レインコーツのアナ・ダ・シルヴァ、ジム・オルーク、イクエ・モリ、オーレン・アンバーチ等々とコラボレーションを行い、現在も活動の最盛期を迎えているレジェンドPhewが前作「A New World」以来5年ぶりにソロ新作ニューアルバム「Vertigo KO」をリリース!!!遅ればせながらnewtoneにも入荷いたしました!

今作もエレクトロニクス&ヴォイス、シンプルなヴィンテージ・リズムマシーンによるインナースペース・パーソナルな世界観の美学がより深くメディテーショナルに探求されていて気品に満ち溢れてイマジナリー・アンビエンス圧倒的に美しくかっこいい。全7曲。DLコード付き。リリースは、ブラク・ロッジ、ボグダン・ラチンスキー、ヒズ・ネイム・イズ・アライヴといったカルト・ヒーローたちの未発表音源を世に発表して音楽ファンから一目置かれてきたUKロンドン信頼レーベル〈Disciples〉の審美眼に適った初の日本人アーティスト作品ともなっていいる。強力レコメンドとさせていただきます。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

1.The Very Ears Of Morningsample
2.The Voidsample
3.Let's Dance Let's Gosample
4.The Very Ears Of Dusksample
5.All That Vertigosample
6.Midnight Awakeningsample
7.Hearts And Flowers

"このアルバムは、2017年から2019年、10年代の終わり、この閉塞的な期間に制作された音のスケッチです。言い換えるなら、幻想に浸るでもなく、音楽へ逃避するでもなく、また世界観を提示するものでもなく、2010年代後半のある個人のドキュメンタリーミュージックです。このアルバムの隠されたメッセージは、「なんてひどい世界、でも生き残ろう」です。” - Phew

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×