menu 検索する ×閉じる

NIKOLAIENKO RINGS

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

JAN JELINEK主宰の〈FAITICHE〉からウクライナ出身、エストニアを拠点に活動する電子音楽家NIKOLAIENKO。アナログなテープマシーンを使い磁気テープによる音楽の可能性を模索した素晴らしい数珠の音源。じっくり素晴らしいので是非意識を傾けてみてください。

自身の音源、ButtechnoことPavel MilyakovやAndrew Peklerの「Cue」のアナログもしているレーベル〈MUSCUT〉と、60年代から80年代の旧ソヴィエト時代のフィルムやTVのために製作されたライブラリー音源の発掘にスポットした〈SHUKAI〉を運営しながらリリースを続けるDmytro Nikolaienkoが、〈FAITICHE〉のオファーでアルバム・リリース。自身の音源、ButtechnoことPavel MilyakovやAndrew Peklerの「Cue」のアナログもしているレーベル〈MUSCUT〉と、60年代から80年代の旧ソヴィエト時代のフィルムやTVのために製作されたライブラリー音源の発掘にスポットした〈SHUKAI〉を運営しながらリリースを続けるDmytro Nikolaienkoが、〈FAITICHE〉のオファーでアルバム・リリース。JAN JELENEKと共振する、アーリー電子音楽の手法を更新しながらノスタルジック、エキゾチックなイマジナリーな心地よさとリズム電子サウンドスケープのマジカルさ。素晴らしいです。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Ambianta IV (8:26)sample
A2.Ambianta V (3:21)sample
A3.Uomo Di Mondo (2:02)
A4.Mirrorage (1:44)sample
A5.Waves Build Beach (2:08)sample
A6.Untitled (2:08)
B1.Ambianta I (5:01)sample
B2.Two Rings (3:02)
B3.Ambianta II (4:02)sample
B4.Well-Degraded (2:52)sample
B5.Ambianta III (3:23)

Fortunately for us, Dmytro Nikolaienko agreed to open up the jewellery boxes of his tape-loop archive for his debut album on Faitiche. What came to light was a collection of dreamy glittering gems, masterfully presented using the compositional possibilities of analogue tape machines. Some may consider a tape machine to be limited as a musical instrument, but Rings makes a convincing case with its sure-handed use of the available parameters – moving tape over the tape head mechanically and manually, cutting loops, manipulating timbre and creating noise by means of saturation. The results are eleven blurred, repetitive, rhythmic patterns that can be understood as an intervention against digital precision, as mechanical irregularities and background noise become musical events.

For those familiar with Nikolaienko’s work, his nostalgic approach here will come as no surprise: born in Ukraine and now based in Estonia, he has chosen a historical medium (that has been enjoying a renaissance for some years now) to record historical-sounding sequences. The way he manages his own back catalogue is similarly archival, documenting the chronology of his tape loops in such a way as to leave no doubt as to their advanced age. And then there are his two wonderful labels Muscut and Shukai, the latter being an archival project releasing electroacoustic obscurities from the Soviet past.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×