menu 検索する ×閉じる
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

民族音楽、民謡、ニューエイジ、ニューウェイヴ感覚など入り混じった国産オブスキュア・シンセサイザー脅威の一枚がMETRON RECORDSから再発!限定のカラーバイナル入荷しています。

7FOのリリースでスタートし、Meitei / 冥丁、GOERGIAなどのリリースなど素晴らしいラインナップを送り出してきたMETRON RECORDSから、国産クラシカル、環境音楽の名盤、ピアニスト盛岡夕美子の「余韻 (Resonance)」の最初に続いて、クラシックを学んだ盛岡夕美子が、シンセサイザーを導入し、ストリートミュージシャンなどの仲間たちをあつめバンドスタイルで録音した異色のSYNERGETIC VOICE ORCHESTRA名義1990年にCDリリースされた「MIOS」が再発。「ブライアン・イーノたちがやっている音楽がアンビエント・ミュージック=環境音楽と呼ばれるのなら、自分がやっているのは〈観光音楽〉だ。」といっていた同時期の細野晴臣や、CHAKRAともシンクロ。サウンドトリップ、ワールドミュージックを日本の80s前衛、ニューエイジ感覚のこってり具合も見え隠れ、サティやニューエイジ、アンビエントの影響、洗練といなたさが交錯するユニークな魅力を放ってます。ポスト・パレアリックな「Tangram」(sample3)や「Zebra」(sample1)、ビートレスのインスト「A Tale」(sample2)、沖縄民謡を取り入れた「Island Girl」などもユニーク。アナログ入手できました! (サイトウ)

▼ Tracklisting

1.Zebrasample
2.Luna Parksample
3.Island Girlsample
4.Lullaby for Tristansample
5.Jesus and Muhammadsample
6.A Talesample
7.Hari-Harisample
8.Tangramsample
9.Life Goes Onsample

In 1989, pianist and composer Yumiko Morioka put together a group of diverse street musicians and semi-professional players for a project that would come to be called the Synergetic Voice Orchestra. Inspired by Yumiko’s love of different musical cultures from around the globe, the band drew on influences from India, Ethiopia, Mali, Korea and China to create an album that merged these sonic identities with more traditional sounds from the southern Japanese city of Okinawa.

Having released her solo piano record Resonance a couple of years earlier, Yumiko was thrilled when offered the chance to make an album of ‘any kind of music she wanted’. She pulled together artists she knew or had seen playing from in and around Tokyo, many of whom were self-taught and could not read music.

It wasn’t always easy for Yumiko, a classically taught musician, to work with others who lacked her formal training. But by employing the synergetic principles of American architect and theorist Buckminster Fuller, she fostered an environment where the results of the group had a larger impact than that of the individual.

This approach brought a real energy to her compositions and the resulting recording sessions produced MIOS, an exploratory, creative work that felt alive with free-wheeling creativity. Nothing was off limits. The drummer, who ran a vegetable stall by day and practiced in a cemetery at night as to not disturb his neighbours, utilised old washing machine parts for some of the percussive elements.

Although Synergetic Voice Orchestra would eventually morph into a new band, leaving MIOS to exist as a singular moment in time, the album remains as one of Japan’s true hidden treasures.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×