menu 検索する ×閉じる

THE FORTUNES IN FURY The Fortunes In Fury

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

70-80年代ポストパンク・ニューウェイヴ・クラウトロック・ディスコ&ダブの強力なるメガミックスとでも呼ぶべき、磨き抜かれた選曲のもと、切って貼って切って貼っての80'sエレクトロ・エディット感覚を経てセンス漂いバッチリ編集加工された強力ノンストップ・ミックスCD、32分16秒と41分33秒。こんな代物が2012年にリリースされていたとは…。10年の歳月を経て、あらためてSearch of MANYより世に出される問題作。

現在は京都を拠点とする企画編集グループ「ホホホ座」の一員として活動する松本伸哉と、下北沢のZOO/SLITSを運営していた山下直樹によるユニットTHE FORTUNES IN FURYによる2012年作MIXCDがリマスタリングを施し改訂版として、元KING OF OPUSのメンバーであり、レーベル"WKOV"を主宰するEL-QUANGOによる新レーベル"search of MANYより、ロボ宙 / Last Moments「TODAY / last moments NOW [Edit]」、EViL HooDoo in GARAGE ROCKIN’ CRAZE、に続いてリリースされた。 (コンピューマ)

それはひとつの発明、というよりも魔法である。エディット、サンプリング、ある種のDJカルチャーのカット&ペーストの作法は、その表層に張り付いた時代を消滅せしめ、音楽のそこかしこに宿るむき出しの魅力を取り出して、新たなる地平を切り開く。本作品も、正にそうした魔術のようなサウンドが結実した、魅惑の作品と言えるだろう。

松本伸哉、そして下北沢の〈ZOO/SLITS〉を運営していた山下直樹によるTHE FORTUNES IN FURY、その作品はポストパンク~ニューウェイヴで満載のレコードボックスをひっくり返し、ビートと断片を繋ぎ合わせ、活力に満ちあふれたフランケンシュタインをこの世に音楽として転生させた。ダブル・ディー&スタインスキーとキング・タビーがカルチャー・クラッシュした、ダビーに、ソリッドに、めくるめくフレッシュなビートの応酬。パンク、エレクトロ、ファンク、レゲエ、ダブ、インダストリアル等々が、単なるサンプルやDJミックスとも異なった、ミクスチャーではなく、文字通りハイブリッドな強度を持って矢継ぎ早にグルーヴを繋ぐ。さまざまな景色へと手をとって聴くものを誘っていく。

ある時、ある場所においては共有されていた感覚を伝搬する、ポスト・パンクの躍動を、DJカルチャーが開けた新たな世界へと投げ込み、その革新性を読解した指南書のようでもある。
(OTOTOY編集長 河村祐介)



■THE FORTUNES IN FURY プロフィール

松本伸哉
1967年生まれ。京都府舞鶴市出身。DJ、レコード店経営、映画のバイヤー、制作をしつつ90年代に2本のミックステープをリリース。2000年~2008年の間に前衛音楽、民族音楽等をリエディット、ダブの手法でミックスした数枚の音源を制作。2011年に京都を拠点とする企画編集グループ「ホホホ座」を結成。企画・編集として『わたしがカフェをはじめた日。』(小学館)、共著として『ホホホ座の反省文』(ミシマ社)などがある。古書店と地域福祉団体も運営しながら、文章や文化をエディット中。

山下直樹
1962年長崎県生まれ。86年、西麻布ピカソでオールジャンル選曲の洗礼を浴び、88年より95年末まで下北ナイトクラブを母体としたクラブ、ZOO及びSLITSにて企画兼代表を務める。
その後レーベル、マネージメント業を生業とした後、特に肩書の無い音楽好きとして現在に至る。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×