menu 検索する ×閉じる

ARCHIE JAMES CAVANAUGH Black And White Raven

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

至福の南アラスカ産AOR!!発掘名門〈NUMERO〉の80年代の中から紹介する800番代こと『800 Line』からリイシューです。

南アラスカのトリンギット/インディアンの末裔であるCAVANAUGHの自主制作盤。2017年に〈il Tempo〉からシングルカットされた両面最高AORのA2「Make Me Believe」(sample_1)とA3「Just Being Friends」も収録しております。イントロのメロディアスなギターからサビのゴスペルで昇天してしまうミッドナンバーA5「Light Unto The World」(sample_2)、極上ブリージンなB5「Stay With Me」(sample_3)など、風や太陽を感じる空気感、ドライブや旅に出たくなります。ほんとに自主制作なのか疑ってしまうほどの素晴らしいクオリティ。傑作、大推薦です。 (AYAM)

▼ Tracklisting

A1.Take It Easy (3:27)sample
A2.Make Me Believe (3:41)sample
A3.Just Being Friends (3:16)sample
A4.It's Our Love (3:38)sample
A5.Light Unto The World (3:45)sample
B1.Foolin' (3:22)sample
B2.Living Without You (3:08)sample
B3.Jail Cell Door (3:39)sample
B4.High Rise (2:53)sample
B5.Stay With Me (4:43)sample

A masterpiece of the schooner rock variety, Black and White Raven is an album that emerged from Archie James Cavanaugh’s youthful dream of recording his own music while stuck in the Alaskan wilderness. “This dream was always elusive,” Cavanaugh said, “believing either that it was only meant for those famous artists who got picked up by major record labels, or that it was just too impossible to achieve because of cost and lack of know-how.” With a freewheeling cast culled from Archie’s travels around the Pacific Northwest, Black and White Raven was set down as the ’70s crested and self-released in the spring of 1980. Traces of disco, AM gold, gospel, and yacht mixed freely with his Tlingit heritage, creating a breezy and optimistic portrait of life in the 49th state.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×