• LP
  • Digital
  • Recommended
  • Back In


Tales from the Old Dominion

  • Cat No: STH2457
  • Release: 2021-12-03
  • 2023-05-01

Format

LP 3790 JPY

進化型ネオソウル、哀愁のエレキシタール、スペイシーなビート、、Christian ScottやKamasi Washingtonなどの最前線とツアーやセッションを共にし、注目と評価の高い バージニアの人気インスト・ジャズファンク・バンドBUTCHER BROWNの中心人物、プロデューサー DJ HARRISON。〈STONES THROW〉から約5年ぶりの2ndアルバムは、「Voodoo」時代のD’Angeloと同じように、彼の故郷ディープサウスとその問題を抱えた歴史に捧げた作品。

制作には3年を費やし、自身のルーツや音楽と向き合うことでより深く追求。ディープサウスのHIP HOP,DISCO,ROCK,JAZZなどを様々な時代感を、懐かしすぎず新しすぎずの塩梅で、前作に比べ円熟味がじんわり。哀愁たっぷりのエレキシタールと乾いたドラム(PV確認しましたが、サンプリングではなく演奏しておりました。すてき)、トワイライトな効果音、タイトルもバッチリな A4「City Lights」(sample_1)、同じく今のストーンズスロウをときめくStimulator Jonesを迎えたコズミック・ディスコA6「2021Disco」(sample_2)、カワイのエレピを使用した流麗ダウンテンポB4「Kawai Voyage」やロイ・エアーズ カヴァーのB3「Coffy feat. Nigel Hall」などおすすめ尽くし。トラックリストからもご試聴どうぞ。推薦 (AYAM)

Back to List

ページトップへ戻る

fold the sound player