menu & search

1〜2件 / 全2件

< Back   Next >
  • 1

GIULIANO SORGINI - Africa Oscura -Afro-Dark Electronic Percussion - : LP

1974年のヨーロピアン・ゾンビ・クラシックス「悪魔の墓場」のサントラで知られるイタリア・ローマ鬼才マルチインストゥルメンタル奏者GIULIANO SORGINIによる、1974-1976年に録音されていた、ドラム、パーカッション、ムーグシンセのみで作り上げた、想像?妄想?アフリカン密林ジャングルな、”AFRO-DARK ELECTRONIC PERCUSSION MUSIC” 秘宝のリマスタリング全世界初アナログ復刻。180g重量盤。

1970年代のイタリアのアフリカをテーマにしたドキュメンタリー番組などからインスパイアされた、ミステリアス&ダークでオブスキュア悲哀に満ちた”想像の密林ジャングル・ミュージック”、お国柄なのかゾンビなどのイタリアン・ホラーやジョン・カーペンターとも通じるシンセサイザーの響き、世界観にもグッとくる。音質音圧もプレイにもバッチリな全13トラック。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

GIULIANO SORGINI - Living Dead at the Manchester Morgue : LP

「ニューヨーク1997」に「サンゲリア」と驚喜のアナログ再発で注目のDeath Waltz5番は、ヨーロピアン・ゾンビ・クラシックスであり1974年の重厚で艶やかな名作「悪魔の墓場」激レア・サントラのアナログ・リイシュー。最高にファンキーな気品のレア・グルーヴにノックアウト。

リマスタリング33回転140g重量盤ブラック・ヴァイナル。A2(42×60cm)サイズ折り込みポスター付。ジュリアーノ・ソルジーニによる最高にファンキーでかっちょいいタイトル曲のヴァージョン違いの3トラックだけでも存分に随喜&随喜溢れます。他は映画を演出する怖い&怖ーいゴシック&ホラーな演出音楽で全15トラックを収録。DEATH WALTZ RECORDINGからは続々とホラーSFマニア垂涎の素晴らしいアナログ盤での丁寧なリイシューが続きます。 (コンピューマ)

RECOMMENDED

1〜2件 / 全2件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×