menu 検索する ×閉じる

1〜8件 / 全8件

< Back   Next >
  • 1

AKSAK MABOUL - UN PEU DE LAME DES BANDITS : LP

AKSAK MABOUL UN PEU DE LAME DES BANDITS

CRAMMED DISCS (BEL)
LP // CRAM002LP
3366 yen (税込)

1980年にリリースされたAKSAK MABOULの2ndアルバム。まさに金字塔。いつ聴いても素晴らしいです。さらに別内容の約80分のCDやブックレットも付いた仕様です!!

もはや伝説と言ってもいいグループAKSAK MABOULの代表的なアルバムが〈CRAMMED DISCS〉から再発。単なるプログレッシブなものではなく、辺境なサウンドが足され遊びもある音楽的にも素晴らしい作品。それも1977-1980年のライブ音源や2015年の演奏も収録した約80分の太っ腹なCDやDLコード、ブックレットも付いた豪華仕様! (日野)

RECOMMENDED再入荷

AKSAK MABOUL - Charles F. Bleistift Ep : 7inch

AKSAK MABOUL Charles F. Bleistift Ep

CRAMMED DISCS (BEL)
7inch // CRAM300457
---- yen (税込)

40年ぶりの新作も評判上々、スーパーハイセンス・プログレッシヴポップ・グループ、AKSAK MABOULの限定7インチ。

素晴らしき新作で健在っぷりをアピールしたAKSAK MABOULのこちらはレコードストア・デイズに用意された限定7インチが入荷です。言うまでもなく最高で、どんどんこのハイセンスかつ幾何学模様な玄人ポップネスへの理解が深まってきますね。お早めにどうぞ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

AKSAK MABOUL - Onze Danses Pour Combattre La Migraine : LP

WINDBELLから44年ぶりの新作が紹介されたAKSAK MABOULの伝説的1ST1977年作。クラシックでしかない。。

アフリカ〜ラテン〜英米ポピュラー音楽のタワレコ的音楽、または世界フォルクローレ/土着音楽といった文脈からも外れた、ヨーロッパ主義的浪漫と知的音楽。強引にプログレなんて括ってもいいけど、自由でハイセンスで瀟洒な19世紀のサロン音楽の系譜なんてしたほうがしっくりきますね。のちに"ワールドミュージック"の総本山でありそのジャンルの型を決定した、Crammed Discの創始者、Marc Hollanderのバンドというのが最高に面白い。Luaka Bop、NONESUCHもクラムドの後を追ったとwindbellも分析しています。とはいえエスニックや教条的要素は全くなく、しっかりたっぷり快楽的でかつ摩訶不思議トリップと寓話の世界の音像。ZNRはもちろんアルゼンチン諸作もこの遺伝子なんだろうし、チェンバーポップの大元ネタだったりするのかなと。とにかく大推薦です。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Mercredi Matin (0:22) 
A2.(Mit 1) Saure Gurke (Aus 1 Urwald Gelockt) (2:25) 
A3.Animaux Velpeau (0:34) 
A4.Milano Per Caso (3:18) 
A5.Fausto Coppi Arrive! (1:08) 
A6.Chanter Est Sain (3:09) 
A7.Son Of L'Idiot (3:20) 
A8.DBB (Double-Bind Baby) (3:25) 
A9.Cuic Steppe (4:20) 
A10.Tous Les Trucs Qu'il Y A Là Dehors (1:55) 
B1.Ciobane (0:21) 
B2.The Mooche (1:35) 
B3.Vapona, Not Glue (6:54) 
B4.Glympz (4:39) 
B5.Three Epileptic Folk Dances (2:16) 
B6.Autre Chose D'Autre (0:45) 
B7.Mastoul Alakefak (6:14) 
B8.Comme On A Dit (1:28) 

RECOMMENDED再入荷

AKSAK MABOUL - Figures : 2LP

AKSAK MABOUL Figures

CRAMMED DISCS (BEL)
2LP // CRAM300
---- yen (税込)

WINDBELLからも国内盤CDで紹介されたAKSAK MABOULの40年ぶりとなる3作目。2LP入荷です。

1STの曲は誰かのミックスに入ってたり、聴くと全曲クラシックなわけで、しかし洋楽紹介のメインストリームからみたらSPINETTAのようにアーカイブの海に埋もれてしまっていたのか。理解と解放はいまだったのかと勝手に解釈。いわゆる"ワールド・ミュージック"の総本山でありながら、絶えずそこを批評的かつ愛ある視点で外側に立っているレーベル、ベルギーはCrammed Discの創始者でもあるMarc Hollanderのバンドというもの面白い。Fred Frithらヘンリー・カウ周辺にレティシア・サディール、Julien Gascといったスレテオラブ周辺らハイセンスなポップ職人たちも参加。プログレ、スポークンワードとは過去のものだと思ってたけどいえいえそんなことはない。大人たちの瀟洒な遊びと歌と演奏。最高です。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

AKSAK MABOUL - Figures : 2CD

AKSAK MABOUL Figures

WINDBELL (JPN)
2CD // FOUR138/139
2800 yen (税込)

世界のインディペンデンド・レーベル界の静かなるゴッドファーザーの一人、マルク・オランデル率いるアクサク・マブール40年ぶりとなる第三作、全22曲収録の二枚組。

MOCKYやトウヤマタケオ、JOSEPHINE FOSTERまで時代の流れとは関係なく詩的なテキストを添えて我々に音楽を教えてくれるドメスティックレーベル、WINDBELLの2020年作はまさかのAKSAK MABOULの新作!1STの曲は誰かのミックスに入ってたり、聴くと全曲クラシックなわけで、しかし業界からみたらSPINETTAのようにアーカイブの海に埋もれてしまっていたのか。理解と解放はいまだったのかと勝手に解釈。いわゆる"ワールド・ミュージック"の総本山でありながら、絶えずそこを批評的かつ愛ある視点で外側に立っているレーベル、ベルギーはCrammed Discの創始者でもあるMarc Hollanderのバンドというもの面白い。Fred Frithらヘンリー・カウ周辺にレティシア・サディール、Julien Gascといったスレテオラブ周辺らハイセンスなポップ職人たちも参加。プログレ、スポークンワードとは過去のものだと思ってたけどいえいえそんなことはない。大人たちの瀟洒な遊びと歌と演奏。最高です。松山晋也氏によるライナーノーツと"マルク・オランデルが語るアクサク・マブール・ストーリー"も必見。単体ページでWINDBELLのテキストも作品という感じなので総合的にお楽しみください。(Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

AKSAK MABOUL - UN PEU DE LAME DES BANDITS : CD

1980年にリリースされたAKSAK MABOULの2ndアルバム。まさに金字塔。いつ聴いても素晴らしいです。

もはや伝説と言ってもいいグループAKSAK MABOULの代表的なアルバムが〈CRAMMED DISCS〉から再発。単なるプログレッシブなものではなく、辺境なサウンドが足され遊びもある音楽的にも素晴らしい作品。それも1977-1980年のライブ音源や、'80年代に活動したTHE HONEYMOON KILLERSとしてのボーバストラックまで収録したCDインポート盤。ストックしました。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

AKSAK MABOUL - Onze Danses Pour Combattre La Migraine : CD

WINDBELLから44年ぶりの新作が紹介されたAKSAK MABOULの伝説的1ST1977年作。クラシックでしかない。。

アフリカ〜ラテン〜英米ポピュラー音楽のタワレコ的音楽、または世界フォルクローレ/土着音楽といった文脈からも外れた、ヨーロッパ主義的浪漫と知的音楽。強引にプログレなんて括ってもいいけど、自由でハイセンスで瀟洒な19世紀のサロン音楽の系譜なんてしたほうがしっくりきますね。のちに"ワールドミュージック"の総本山でありそのジャンルの型を決定した、Crammed Discの創始者、Marc Hollanderのバンドというのが最高に面白い。Luaka Bop、NONESUCHもクラムドの後を追ったとwindbellも分析しています。とはいえエスニックや教条的要素は全くなく、しっかりたっぷり快楽的でかつ摩訶不思議トリップと寓話の世界の音像。ZNRはもちろんアルゼンチン諸作もこの遺伝子なんだろうし、チェンバーポップの大元ネタだったりするのかなと。とにかく大推薦です。こちらはCD。CDのボーナストラック良いですよ。 (Shhhhh)

RECOMMENDED新入荷

AKSAK MABOUL - ONZE DANSES POUR COMBATTRE LA MIGRAINE (KRIKOR REMIXES) : 12inch

ブリュッセルの老舗、ワールドミュージック系ミクスチャー・レーベル〈CRAMMED DISCS〉のディレクター・MARC HOLLANDERが中心となって活動していたアヴァンギャルド・プロジェクト・AKSAK MABOULが、'77年に残した名アルバム「Onze Danses Pour Combattre La Migraine」から、まさかのリミックス12インチ。

80年代に入るとTHE HONEYMOON KILLERSと名を変えた、いまでも辺境プレイを得意とするDJらに愛されているAKSAK MABOULの初作「「Onze Danses Pour Combattre La Migraine」からの2曲目、原曲のオルガンや愛らしいリズムボックスを拝借した”Saure Gurke (Krikor Remix)”(sample1)、そして終盤曲、ぬくもり零れるエレピと低めのドローンの実験的な二重奏インストゥルメンタルをそのまにさらに深化させた”Mastoul Alakefak (Krikor Remix)”(sample2)のカップリング、不思議なほどに呼吸がピッタリ。リミキサーは、POVやCRACK BOYなどの名義で知られているパリジャン・KRIKORが手掛けています。大音量で浴びたい狂おしくリヴバイバルな1枚です! (DNT)

RECOMMENDED再入荷

1〜8件 / 全8件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×