menu 検索する ×閉じる

1〜4件 / 全4件

< Back   Next >
  • 1

URBAN VOLCANO SOUNDS - blue hour : CD

URBAN VOLCANO SOUNDS blue hour

URBAN VOLCANO SOUNDS (JPN)
CD // UVSCD-001
---- yen (税込)

KEN KEN(KEN2D SPECIAL/Cocktail Boyz) とhacchi(DEAVID SOUL)によるバレアリック・クロスオーバー、アーバン・ブギー&メロー、優しきエレガントなサウンドプロダクション・ユニット=URBAN VOLCANO SOUNDS待望のデビューアルバムCD「blue hour」が遂に発売。2020年をベストアルバムの一つといっても過言ではない入魂傑作。推薦盤。

デビューシングルにして郷愁センチメンタル・インスト・ブギー名曲「そして、カーティスは途方に暮れる」(sample1)、坂本慎太郎も賛辞を寄せたKEN KENが自ら歌うギンギラギンにさりげなく最高なアーバン・ディスコ・ブギー「さめた気分のブギー」(sample2)、「雨音はショパンの調べ」への仄かなるオマージュも感じさせてくれるバレアリック・エレガントなシティ・ソウル「雨のうた」、ロボ宙をフィーチャーしたスリック・リック1988年の名曲クラシックス「Hey Young World」への日本語アンサー名カバーのアルバム・バージョン(sample3)まで、これまで先行7インチとしてアナログのみでリリースされていた名曲群を中心としたUVSヒット曲メドレーといった趣きで完璧なる流れで一気に聴かせてくれる前半7曲。インタールードを挟んでの後半は、これからのアーティスティックなより深い個性と内面も感じさせてくれつつ、ボコーダー・マイウェイで大団円!素晴らしい。Hi-Speed、Deavid Soul、Ken2D Specialを経た、お二人の個性と持ち味を存分に味わえる丁寧に丁寧に時間をかけてじっくりと作り込まれた、ソウル&ディスコ・ブギー・ファンク、ヒップホップ、レゲエ&ダブ、ダウンテンポ、バレアリック・クロスオーバー優しさ気品入魂サウンドプロダクション全14トラック。隅々まで愛情行き渡る見事なまでの完成度の高いアーバン珠玉の艶やか豊かな音楽世界。個人的には、デビューシングルB面にも収録されていたCelebsのKeiの辿々しくも悲哀沁み入るギターをフィーチャーした、Ottmar Liebert + Luna Negraによる90'sフラメンコ・ギター・インスト名曲の真夜中アダルト・オリエンテッド・イージーリスニング・レゲエ・インスト・カヴァー「Havana Club」がオールタイムお気に入りです。いいアルバムです。傑作ですね。完成発売おめでとうございます。newtone recordsでも大推薦盤とさせていただきます。サンプルからはもちろん、トラックリストからも是非ともどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

URBAN VOLCANO SOUNDS - ハングオーバー ララバイ / Urban Heights : 7inch

KEN KEN(KEN2D SPECIAL/Cocktail Boyz) とhacchi(DEAVID SOUL)の2人によるサウンドプロダクションユニット=URBAN VOLCANO SOUNDSが先頃リリースし、坂本慎太郎、VIEDEOTAPEMUSIC、asuka ando等も賛辞を寄せる話題の1stフルアルバム『blue hour』より、オヤG二日酔い哀愁むせび泣き駆け出すアーバン・ブギーなディスコ日本語ソウル名曲「ハングオーバーララバイ 」が限定7inchカット!!限定300枚。ヴォーカル&ギターの掛け合いが翌日と二日目にさらに沁みる。レーベルすでに完売。再入荷なし。気になる方はお早めにどうぞ。

Hi-Speed、Deavid Soul、Ken2D Specialを経た、二人の個性と持ち味を存分に味わえる丁寧に丁寧に時間をかけてじっくりと作り込まれた、ソウル&ディスコ・ブギー・ファンク、ヒップホップ、レゲエ&ダブ、ダウンテンポ、バレアリック・クロスオーバー優しさ気品入魂サウンドプロダクション、隅々まで愛情行き渡る見事なまでの完成度の高いアーバン珠玉の艶やか豊かな音楽世界を繰り広げている2020年ベストアルバムの一つに選ばれていても過言ではないデビューアルバム「blue hour」からの最新LTD7インチ・シングルカット!!!ギターにKIRIHITO/GROUP/田我流とカイザーソゼ、COMPUMA & など数々の共演サポート等で活動している素晴らしきギタリスト名手、竹久圏のギターを大きくフィーチャーしたオヤG二日酔いのブギー日常がなんともむせび泣き駆け出す日本語アーバン・ディスコ・ブギー必殺!まさに「ふ・つ・か・よ・い・アンセム」となりそうな「ハングオーバー・ララバイ」(sample1)をA面に、そして、C/Wには、暖かなピアノ、心地よいカッティング・ギター、スラップベースが絡み合う躍動的なグルーヴに、メロー・ファンキーなムーグ系シンセやハートウォーミングなトロンボーン・プレイが展開する、インストゥルメンタル・ミッド・ブギーファンク「 Urban Hights」(sample2)をB面に収録した7インチ・ドーナツ盤。「ハングオーバー・ララバイ」での竹久圏のギター(特に後半のギターソロ)での哀愁具合になんとも胸キュン泣き笑い。ボコーダー&hacchiコーラスも効いている。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

URBAN VOLCANO SOUNDS - 雨のうた(Extended version)/さめた気分のブギー(VIDEOTAPEMUSIC REMIX) : 10inch

アーバン〜シティ・ソウル、ブギー、バレアリック..様々な音楽の魅力が集約されたURBAN VOLCANO SOUNDS待望の新曲 「雨のうた」がヴァイナル10inchリリース!!C/Wには、坂本慎太郎も唸らせたアーバン・ブギー傑作 「さめた気分のブギー」のVIDEOTAPEMUSICによるRMXを収録!!KEN KEN(KEN2D SPECIAL/Cocktail Boyz) とhacchi(DEAVID SOUL)によるサウンドプロダクションユニット=URBAN VOLCANO SOUNDSによる、待望の4thヴァイナルが限定アナログ10inch でリリース。当店初回入荷分即完売。すでにレーベル完売につき最終入荷分となります。

アーバン・アダルティ・エレガント、お二人の個性と持ち味を存分に味わえる丁寧に時間をかけてじっくりと作り込まれたバレアリック・クロスオーバー優しさ気品入魂サウンドプロダクション。堪能させていただいております。勝手ながら「雨音はショパンの調べ」への仄かなるオマージュも感じてなんだかニンマリ&グッときてます。新作完成発売おめでとうございます!!!今春リリースが予定されているというデビューアルバム『BLUE HOUR』も非常に楽しみです。
今春リリースが予定されているURBAN VOLCANO SOUNDSの1stアルバム『BLUE HOUR』から、アーバン・メローでダンサンブルなレインソング「雨のうた」がエクステンデッド・ヴァージョンで先行カット。ライト・メローなシンセに導かれるブギー・フィールなベースも艶やかなアーバン・グルーヴに、鮮やかなピアノやファニーなキーボード/シンセが彩るバレアリックな高揚感、KEN KENによるトローンボーンとhacchiによるヴォコーダーが温もり溢れるヒューマン・ヴァイブを巡らせる、切なさも秘めた魅惑のレイニー・ムードが広がるダンサンブル・ナンバー。正に"This is URBAN VOLCANO SOUNDS"なネクスト・クラシック!!C/Wには、UVSの3rdシングルとして発表され坂本慎太郎氏もラブ・コールを寄せていたジャパニーズ・アーバン・ブギーの傑作「さめた気分のブギー」のVIDEOTAPEMUSICによるRMXを収録。自身もオリジナル・ヴァージョンをDJプレイしていたというVIDEOTAPEMUSICに、KENKENが熱烈オファーした事でこのRMXが実現。キレのあるブレイクから、パーカッシヴなリズムとトロピカル〜エキゾチックな音像が散りばめられ、アラブ〜地中海〜アジアも巡る様な無国籍ムードたっぷりなフレッシュなダンスTRKに再構築された絶品。リリースは、MINODA、MOODMANらとのダンスミュージックパーティー ,メロウ・コンセプトのパーティー等を主宰するSlow Sports Koideがスタートさせた注目のレーベル3E STUDIOから。マスタリングは、電気グルーヴ、仙人掌等も手掛ける得能直也が担当。写真家松岡一哲、デザイナー佐々木暁のコラボレーションによって生まれたアートワークにも要注目&要注意のリミテッド・プロダクト!!! (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

URBAN VOLCANO SOUNDS - さめた気分のブギー / ALAMO : 7inch

デッドストック発掘!待望再入荷できました!KEN2D SPECIALのKEN KENと、アヴァンポップ・ユニットHi-Speed、サンプリング・ポップ・ユニットDeavid Soulのhacchiによる新レーベルURBAN VOLCANO SOUNDS。即完売となった過去2枚の7インチに続いて、坂本慎太郎も賛辞を寄せる新展開の新作!第三弾7インチ到着!!!KEN KEN自ら歌うギンギラギンにさりげなく最高なアーバン・ディスコ・ブギー秘宝の誕生!!!さめた気分で熱くブギー♬

第1弾シングル『そして、カーティスは途方に暮れる / Havana Club』、ロボ宙をフィーチャリングした第2弾シングル『sekai wa kimi no mono ? hey young world』と、好評を得てきたURBAN VOLCANO SOUNDS。今作では、な、なんとKEN KENが自ら歌唱するギンギラギンにさりげなく昭和歌謡の風も感じられるアーバン・シンセ・ディスコ・ブギーな新曲です!80年代アイドル歌謡曲のような曲調ながら、どこまでも醒めたテンションのボーカルと、時空の捻じれたようなレトロなシンセ・ファンク・サウンドによって、不思議な違和感へと誘われます。摩訶不思議な中毒性とソフトなトリップ感が絶妙です。B面はJohn Wayne監督・主演の西部劇映画『The Alamo』('60)のメイン・テーマ"The Green Leaves of Summer"のインスト・カバーで、Hatchの緻密でマニア心をくすぐるプロダクションと、KEN KENのトロンボーンが沁み入る哀愁のダンスホール・マナーのムード&イージーリスニング名品となっている。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

1〜4件 / 全4件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×