menu 検索する ×閉じる

1〜20件 / 全65件

xxx< Back   Next >

COLLOBOH - Entity Relation : 12inch

COLLOBOH Entity Relation

LEAVING RECORDS (US)
12inch // LR195
2890 yen (税込)

LEAVING RECORDSから、ナイジェリア生まれ、バルチモアで活動する20代の才能COLLOBOHのデビューEP。アナログでもリリースされました!

昨年LEAVING RECORDSからカセットでデビューしたCOLLOBOHのデビューEP。アナログでもリリースされました。モジュラーシンセサイザーを使って、ハウス、2STEP/ブレイクビート、ダウンテンポ、同郷のシンガーBahdboi Enaをフィーチャーした曲など五曲で構成されたEP。ビートサイエンス、モジュラーの音色の気持ち良さ。良い。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

CELIA HOLLANDER - Timekeeper : LP

CELIA HOLLANDER Timekeeper

LEAVING RECORDS (US)
LP // LR190LP
2990 yen (税込)

2019年のデビューアルバムが素晴らしかった、ロサンゼルスを拠点に、オーディオ、スコア、パフォーマンス、インスタレーション、テキストを扱うアメリカ人アーティスト、作曲家CELIA HOLLANDERのニューアルバム。アナログ到着しています。

「Timeskeeperはそれぞれの曲名が、時刻で表されていて、時間感覚のコレクションになってて、エネルギーと感情の変化が、絶えず変化する時間感覚を形成する方法をマッピングしています。」ロサンゼルス在住のマルチメディア・アーティスト、セリア・ホランダー。世界的に再評価された日本の環境音楽にもつうじるような音の構築の美しさ、イマジネーション。推薦盤です。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

SAM GENDEL & SAM WILKES - Music For Saxofone And Bass Guitar More Songs : LP

もはや西海岸クラシックと言っても過言ではない、SAM GENDEL & SAM WILKESによる眩きデュオ、"Music For Saxofone And Bass Guitar"の続編です。

ジャズでもアンビエントだけでもない、00年代から脈々と続くL.Aビートカルチャーと今ジャズ、そして才能が絡まりあった奇跡のデュオによる続編。幽玄なサックスと快楽よりも温かみのあるボトム(BASS & GUITA)、この辺はビートカルチャーお膝元であろう、鳴りがジャズでもあり先端テクノにも比較しうるアコースティック、デジタルの括りがわからなくなる謎の鳴り。不思議と森林感もありますね。 (Shhhhh)

RECOMMENDED新入荷

SAM WILKES - One Theme & Subsequent Improvisation : CASSETTE

盟友であるSAM GENDELと共に西海岸ヒッピー~00年代ビート・カルチャー流れのジャズを更新する、ベーシスト/プロデューサー/コンポーザーのSAM WILKESによる圧巻の2NDアルバム、、、

SAMが最初に思いついたのはChristian Eumanとツインドラムのレコードを作ること。そしてChristian Eumanが指名したGreg Paulが登場。数々のインプロセッションを録音し、その後にドライブしながら聴き直し、断片を繋ぎ合わせて作られたという。今作のためにカルロス・ニーニョが設えた10の質問のうちの6番目が、"あなたにとってONE THEME(アルバムタイトル)」とは何ですか?"の問いに、SAMは"8小節の和声とメロディーの繰り返しです"と答えてます。このループとじわじわする変容がL.Aのビートカルチャーの影響でしょうか、アンビエント的静けさを味方にするSAM GENDELとは少し違うアプローチですね。これも今の最先端ジャズ、そしてアンビエントとも聴けます。音が輝いてる。一曲目のONE THEME(sample1)から素晴らしすぎる。先ずはテープから。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

J FOERSTER / N KRAMER - Habitat : LP

J FOERSTER / N KRAMER Habitat

LEAVING RECORDS (US)
LP // LR185
2890 yen (税込)

2021年納涼〜秋への予感と共に。素晴らしき"架空の建物の一室"をイメージした8つのトラック。アフリカのログドラム、ボリビアのチャチャ、ビブラフォン、カリンバ、その他様々な打楽器が、モジュラーシンセやスクリプトベースのサンプルカッティングによって処理。架空のお部屋で静謐なトリップ。

ベルリン在住の作曲家Niklas Kramerとパーカッション奏者Joda Foersterによる環境音楽的コラボレーション。音のテクスチャーやパターンを重ねたり、ループ、融合させたりして、静的で透明の資材で作られた建物の部屋で天上を見上げるかのような。底には絶えずオーガニックな音像が横たわりますが、NEWAGE~スピリチュアル過ぎずに、吉村弘の影響も感じつつ仄かなインテリジェンスがイタリアの建築家/デザイナーEttore Sottsass(1917–2007)によるアートワークからも感じられます。後半のちょいと逸脱するエクスペリメンタル具合はフィンランドの森林浴電子音Kemialliset Ystävät周辺も思い出す。Matthewdavid主催、絶好調が伝わるSAM GEMDELやGREEN-HOUSEを排出するLEAVING RECORDSからの素晴らしきリリース。GREEN-HOUSEが空想庭園ならこちら空想建築か。ずっと入荷を待ち望んでいた一枚、夏に滑り込み間に合いました。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

J FOERSTER / N KRAMER - Habitat : CASSETTE

J FOERSTER / N KRAMER Habitat

LEAVING RECORDS (US)
CASSETTE // LR185-CS
---- yen (税込)

カセットでも入荷です。2021年納涼〜秋への予感と共に。素晴らしき"架空の建物の一室"をイメージした8つのトラック。アフリカのログドラム、ボリビアのチャチャ、ビブラフォン、カリンバ、その他様々な打楽器が、モジュラーシンセやスクリプトベースのサンプルカッティングによって処理。架空のお部屋で静謐なトリップ。

ベルリン在住の作曲家Niklas Kramerとパーカッション奏者Joda Foersterによる環境音楽的コラボレーション。音のテクスチャーやパターンを重ねたり、ループ、融合させたりして、静的で透明の資材で作られた建物の部屋で天上を見上げるかのような。底には絶えずオーガニックな音像が横たわりますが、NEWAGE~スピリチュアル過ぎずに、吉村弘の影響も感じつつ仄かなインテリジェンスがイタリアの建築家/デザイナーEttore Sottsass(1917–2007)によるアートワークからも感じられます。後半のちょいと逸脱するエクスペリメンタル具合はフィンランドの森林浴電子音Kemialliset Ystävät周辺も思い出す。Matthewdavid主催、絶好調が伝わるSAM GEMDELやGREEN-HOUSEを排出するLEAVING RECORDSからの素晴らしきリリース。GREEN-HOUSEが空想庭園ならこちら空想建築か。ずっと入荷を待ち望んでいた一枚、夏に滑り込み間に合いました。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Entrance
A2.Air Flows
A3.Botanique
B1.The Fountain
B2.Four Glass Steps
B3.Moon Corridor
B4.Curved Hallway (4:42) 
B5.Levitation Room (4:17) 

RECOMMENDED再入荷

GREEN-HOUSE - Six Songs for Invisible Gardens : LP

これは素敵な植物音楽です。”架空の庭園のための六楽曲”。極上。。

L.A拠点のフィメールアーティストOlive Ardizoniによるプロジェクト、GREEN-HOUSE。
ASA TONEやサム・ゲンデルといい最近のLEAVING RECORDSにハズレなし。 ヤソスやカルロス・ニーニョら西海岸ニューエイジ脈でもある、紛うこと無きチルアウト・ミュージックなんですが、質感的に日本の環境音楽や電子音にも近い箱庭感や妖精感もありつつのzzz…。極上。アナログシンセがまるで葉脈を流れる水の音のように鳴り響き、塗されたフィールドrecの音色で作家の描く庭園に誘われます。長く長く聴ける問い合わせも多かった本作。ようやく入荷。。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

1.Peperomia Seedling  (03:43) 
2.Sansevieria (04:24) 
3.Parlor Palm (05:35) 
4.Perennial Bloom (02:43) 
5.Soft Meadow (05:28) 
5.Xylem (05:21) 

RECOMMENDED再入荷

DEANTONI PARKS - A Self : 12inch

DEANTONI PARKS A Self

LEAVING RECORDS (US)
12inch // none
2890 yen (税込)

LEAVING RECORDSから、NEWWAVE、DUB、エレクトロニック・ジャズなどが交錯したNYCのバンドKUDUの創設者で、The Mars Voltaや Omar Rodriguez周辺でも活動するドラマーで、プロデューサー、俳優で、フィルムディレクターなど多彩な顔尾を持つDEANTONI PARKSのソロ。

彼のヒーローでもあるJohn Cale, Kate Bush, J DillaとBrian Enoに触発されたという4曲で構成されたEP。シルクスリーンプリントのインサートアートワーク。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

SAM WILKES - Wilkes : LP

SAM WILKES Wilkes

LEAVING RECORDS (US)
LP // LR137
---- yen (税込)

【2018年の名盤追加プレス入荷しています】ゆったりと深く降りてくるような音。言葉もありません。SAM GENDELも全面参加。FABIANO DO NASCIMENTO、SAM GENDELに続いてSAM WILKESのアルバムが素晴らしいです!ニューエイジもジャズも、シューゲイスも、、スタイルではないソウル・ミュージック。聴くべき。

SAM GENDELとのコラヴォレーション, LOUIS COLEやKNOWER BANDへ参加してきたL.A.ニュージャズ/ファンクシーンのベーシストSAM WILKESがLEAVING RECORDSからソロ名義でアルバムリリース!。SAM GENDEL(LEAVING),LOUIS COLE(BRAINFEEDER)も参加しています。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SAM GENDEL - Fresh Bread : 2LP

SAM GENDEL Fresh Bread

LEAVING RECORDS (US)
2LP // LR183
---- yen (税込)

2020年代地下の顔の一人になるであろう西海岸LAサウンドの吟遊詩人にしてキーマン、SAM GENDELによる新作。淡く儚くサイケデリックな幽玄ジャズ & アンビントetc,,,,近日入荷!

狂った時代にハイクオリティな今サウンドを届けてくれる西海岸LAサウンドの奇跡の逸材。どこをとってもゲンデルとわかってしまう独特の音。"Sustain"(sample1)他、名曲揃いの今年を代表する一枚。マスタリングはレーベルオーナーLEAVING RECORDSのMatthewdavid。Carlos Niño、Jamire Williams 参加。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

GREEN-HOUSE - Six Songs For Invisible Gardens : CASETTE

GREEN-HOUSE Six Songs For Invisible Gardens

LEAVING RECORDS (US)
CASETTE // LR159-CS
---- yen (税込)

これは素敵な植物音楽です。”架空の庭園のための六楽曲”。極上。。カセットの作りもかわいらしくておすすめ

L.A拠点のフィメールアーティストOlive Ardizoniによるプロジェクト、GREEN-HOUSE。
ASA TONEやサム・ゲンデルといい最近のLEAVING RECORDSにハズレなし。 ヤソスやカルロス・ニーニョら西海岸ニューエイジ脈でもある、紛うこと無きチルアウト・ミュージックなんですが、質感的に日本の環境音楽や電子音にも近い箱庭感や妖精感もありつつのzzz…。極上。アナログシンセがまるで葉脈を流れる水の音のように鳴り響き、塗されたフィールドrecの音色で作家の描く庭園に誘われます。長く長く聴ける問い合わせも多かった本作。ようやく入荷。。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

CELIA HOLLANDER - Recent Futures : LP

CELIA HOLLANDER Recent Futures

LEAVING RECORDS (US)
LP // LR154
---- yen (税込)

アナログな電子音の深みと波動が素晴らしいです。インスタレーションやテキストでの作品、パフォーマンスも行うL.A.女性アーチストCELIA HOLLANDERのデジタルオーディオを使用して制作した作品「Recent Futures」をLEAVING RECORDSがリリース。波長や各周期的時間感覚への同期の快楽。

ASA TONE、CARLOS NINOのアルバムに続いてLEAVING RECORDSこれも素晴らしいです。直感的に形成して...との言葉とその奏でた音にかなり慄いてます。一聴しただけでははっきりいえますせんが、控えめに言ってもちゃんと聴くべき一枚だと思います。 (サイトウ)

「Celia Hollanderは、オーディオ、スコア、パフォーマンス、インスタレーション、テキストを扱うロサンゼルスを拠点とするアーティストおよび作曲家です。彼女の作品は、オーディオとリスニングの行為が時間的知覚を形成し、物語を生成し、文化的インフラストラクチャに疑問を呈し、社会的つながりを開拓する方法に批判的に関与しています。」

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SAM GENDEL & SAM WILKES - Music for Saxofone and Bass Guitar More Songs : CASSETTE

今L.Aを代表するSAM GENDELとSAM WILKES二人による美しきセッション第二弾。L.Aの00年代〜今の歴史を横目に見ながら

説明不要の二人による眩き名盤、"Music for Saxofone and Bass Guitar"セッションの第二弾。また語り継がれるであろう素晴らしい曲ぞろい。こちらも先ずはテープから。 (Shhhhh)

RECOMMENDED新入荷

ASA TONE - Live at New Forms : CASSETTE

ASA TONE Live at New Forms

LEAVING RECORDS (US)
CASSETTE // LR199CS
---- yen (税込)

出ました!Leaving recordsからの前作も素晴らしかったガムランサウンド的・ミニマル・ニューエイジ・ユニット、ASA TONEののカセットテープも待望入荷!すばらしすぎる。

ジャカルタ出身で、ブルックリンのバンドYoung MagicのメンバーでもあるMelati Malayと、なんと新作がFactaとK-LONEによるレーベルWisdom teethからリリース(raでもレビューされてましたが素晴らし)のTristan Arp、そして100% silkからリリースしている匿名プロジェクトKaaziによる多国籍プロジェクト。前作は19年年間ベスト級に気好きで、私編集のミャンマー音楽再構築プロジェクト、"Kalab Mixed Myanmar #1"にも誘わせて頂きました。
水琴窟テクノという感じで今ニューエイジにミニマルとダンスの要素が混じりRVNG.諸作のネクストもあり、そしてもちろんLEAVING RECORDS西海岸ニューアンビエントの最新の成果。Yu Suの名前があるのが嬉しいですね。 (Shhhhh)

RECOMMENDED新入荷

GREEN-HOUSE - Music for Living Spaces : LP

観葉植物アンビエント作家、GREEN-HOUSEの2NDが待望のリリース!「このプロジェクトの意図は、人間と自然とのつながりを促進することです。自然を私たちから切り離されたもの、あるいは家の外にあるものとして認識するのではなく、自然は私たちの中にあり、私たちが日常生活の中で行うすべてのことの中にあるものとして認識することができるのです。大自然にアクセスできなくても、環境とのつながりを感じることができるのです。" (GREEN-HOUSE)

1stの"Six Songs for Invisible Gardens"は西海岸クラシック、多くの人が年間ベストにあげてました。葉脈を流れるような光合成シンセワークで独特のアンビエントを確立した、LA出身のOlive ArdizoniによるプロジェクトGREEN-HOUSE。前作のミニマルよりももう少しメロディが増え歌声に妖精感すら漂います。「何かを"かわいい"と感じるときの状態の脳の働きを(作曲を通して)触ろうとしている」というコメント。自身もノンバイナリーらしく、その佇まいにLAの先鋭さも感じます。何度もリピートしてますが、試聴はその中の3曲をピックアップ。もちろんLEAVING RECORDSボス、Matthewdavidマスタリング。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

ANA ROXANNE - ~~~ : LP

ANA ROXANNE ~~~

LEAVING RECORDS (US)
LP // LR151
---- yen (税込)

〈LEAVING RECORDS〉からのカセットリリースで話題を呼んだANA ROXANNEの「~~~」。アナログ入荷しました!聴くべき一枚。

2019年にLEAVING RECORDSからリリースされたモダンNEWAGE、アンビエントの決定的な名作。ANA ROXANNEの「~~~」。アナログストックしています。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LARAAJI - Om Namah Shivaya : LP

LARAAJI Om Namah Shivaya

LEAVING RECORDS (US)
LP // l-LR100
---- yen (税込)

SUN ARAWやBLUE CONTROLとの共演でも知られる今だ現役バリバリのエレクトロニック・チター奏者レジェンド鬼才、LARAAJI(ララージ)が1984年フロリダにて我が子の誕生を祝い、カシオトーンM70と自身の歌声で制作されたパーソナルなカセット宅録音源で、当時カセットテープのみでプライヴェート・リリースされていた秘宝「Om Namah Shivaya」が遂に初アナログ化!!!

カシオトーンのチープリズムと我が子の誕生の喜びに感極まるエモーショナルな心情がヘタウマな歌声で浪々と歌い上げられる、圧倒的なまでにダサいニューエイジ・ソウルが全宇宙に木霊する。ソウルが沁み入る。蛍光オレンジ・ヴァイナル。DLコード付き。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SAM GENDEL - Fresh Bread : 3xCassette

SAM GENDEL Fresh Bread

LEAVING RECORDS (US)
3xCassette // LR183
---- yen (税込)

2020年代の地下を代表する1人になるであろうSAM GENDELの2021年作"Fresh Bread"、多くの人が待ち望んでまずが先ずはカセットが入荷です!

L.A地下から今ジャズ、さらには日本人ギタリスト笹久保伸との共演盤もアナウンスされそのクリエイションの幅を広げています。しっかしカセット3巻セットというのも規格外、、、 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

GREEN-HOUSE - Music For Livings Spaces : Cassette

GREEN-HOUSE Music For Livings Spaces

LEAVING RECORDS (US)
Cassette // LR177
---- yen (税込)

もはや安定の域、GREEN-HOUSEの2021年新作、カセットテープでも入荷できました!SAM GENDELやJOHN CARROLL KIRBYなど輩出する今の西海岸の自由さを存分に感じます。リピート中〜!

架空の庭園にて葉脈アンビエント観賞会。多くの人の年間ベストに輝いた1stに続いての作品。これもカセットで鳴ってたらまた素敵そうですね。数は少ないのでお早めに。 (Shhhhh)

RECOMMENDED新入荷

1〜20件 / 全65件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×